家作りを始める前にやるべきことリスト《ここから➤》

【一条工務店】家づくりの流れー契約から引き渡しまでー

スポンサーリンク
一条工務店

一条工務店の契約から引き渡しまでの流れってどんな感じなの?

筆者
筆者

家づくりに必要なお金や流れについて紹介します

スポンサーリンク

この記事はこんな人にオススメ!

  • 一条工務店で契約しようと思っている方
  • ハウスメーカー選びを行っている方
  • 一条工務店でこれから家作りを始める方

この記事を読むと分かること

一条工務店で家を建てるのに必要なお金と期間

一条工務店での家作り

一条工務店を契約した方、これから契約を検討している方、一条工務店を契約してから引き渡しまでの流れについて簡単に紹介します。

これから展示場に行こうとしている方は【最大30万円の特典】を貰える可能性があります。

一条工務店は一ヶ月に行える上棟数が決まっています。
初めに仮の上棟日を押さえる必要があります。

そして、その上棟日へ向けてスケジュールを調整しながら打ち合わせを行う形です。

最短でも契約から引き渡しまで10ヶ月程度かかります。

筆者
筆者

仮の上棟日より実際の上棟日が遅くなることはあっても、早くなることは基本的にありません。

契約から引き渡しの期間が長いので自治体の補助金が貰えるか必ず確認しましょう!

上棟日が遅れる要因
  • 融資のタイミングが遅くなる
  • 打ち合わせ期間が延びる
  • 大雪などの自然災害やコロナウイルス等の何らかの要因

こういったことがあると、否応なしに上棟が延期される可能性があります。

コロナウイルスの影響は一条工務店だけの問題ではなく、世界的に影響がありました。
よほどのことが無い限り施主都合以外でスケジュールが延期になることはないです。

それでは、早速契約から引き渡しまでの流れについて紹介します。

この記事の信頼性

筆者
筆者

筆者のFUKUYAです。
インスタグラムYoutubeで家作りについて発信しています。

✔我が家の情報

  • ハウスメーカー:一条工務店
  • 商品名:i-smartⅡ
  • 施工面積:約40坪
  • 間取り:吹抜付2階建4LDK

契約してから引き渡しまでの流れ

契約してから引き渡しまでの流れ
  • 契約
  • 敷地調査
  • 打ち合わせ
  • 着手承諾
  • 融資申込
  • 着工
  • 上棟
  • 完了検査
  • 引き渡し

① 契約

契約してから引き渡しまでの流れ①契約

一条工務店が「いいなぁ」と思ったら仮契約(建築工事請負 仮契約)を行う必要があります。
仮契約後に土地探しや間取り決めなど本格的に始まっていきます。

筆者
筆者

現金で100万円必要です。

契約金:100万円

100万円は自己資金で用意する必要があります。
※この時点で住宅ローンを組んでの支払いはできない点に注意!

支払った契約金は最終的な支払総額から減額されます。

仮契約後に「やっぱり一条工務店以外で建てたい」と、契約解除することも可能です。

その場合は契約金は返金されますので、安心してください。
※契約解除タイミングによっては満額返金されない場合もあります。

筆者
筆者

契約の詳細については担当営業さんに確認してみてください

一条工務店を検討している方はできる限り【仮契約】を早く結んだ方がメリットが大きいです。

仮契約のメリット

仮契約時の坪単価が最終的な支払の坪単価に適用されること。

よく分からないけど、どういうこと?

筆者
筆者

詳しく解説しますね。

契約時のポイント

一条工務店の坪単価は徐々に値上がりしています。

筆者
筆者

例えば、こんな状態↓が考えられます。

【坪単価についての一例】

仮契約時の坪単価:60万円
着手承諾時の坪単価:65万円

本来であれば65万円/坪が建物単価に適用されますが、契約時の坪単価60万円で建物を建てることが可能です。

契約時:坪単価60万円 建坪数 40坪の場合の建物費用 2,400万円
着手承諾時:坪単価65万円 建坪数 40坪の場合の建物費用 2,400万円(本来ならば2,600万円必要)

仮契約のタイミングだけで200万円割安になるということですね。

例えば数年後に家を建てる予定がある人でも早めに仮契約する方が割安で家を建てることができるということです。

② 敷地調査

契約してから引き渡しまでの流れ②敷地調査

契約後は土地探しを行い、土地が決まり次第【敷地調査】を行います。