【一条工務店】太陽光発電システムは元を取れるのか検証してみた?

スポンサーリンク
一条工務店
【2020年最新】一条工務店の太陽光発電システムは元を取れるのか検証してみた?

一条工務店の太陽光発電って元が取れるの?

売電価格も下がってきてるし、評判について教えて欲しい

こんな悩みを解決します。

一条工務店の営業の人がおすすめしてくる太陽光発電システム。
一条工務店で家を建てる人の多くの方が太陽光発電システムを搭載します。

そんな太陽光発電システムですが、売電価格が年々下がっている今「本当に元が取れるの?」と心配になりますよね。

この記事では一条工務店で太陽光発電システムを搭載すると元が取れるのかを徹底的に検証していきます。
この記事を読み終わると一条工務店の太陽光発電システムについて詳しくなれること間違いなしです。

記事の内容

一条工務店の太陽光発電システムについて紹介

元が取れるのか徹底的に検証

  • 太陽光発電の売電収入について
  • 維持費用について
スポンサーリンク

一条工務店の太陽光発電システムについて

一条工務店の太陽光発電システムについて
福井人
福井人

まず結論からいうと、元は取れます

その理由は一条工務店の太陽光発電システムの中に隠されています。

太陽光発電は屋根に乗せる太陽光パネルとその電気を調整するパワーコンディショナーの組み合わせによって発電できる出力[kW]が決まります。
そして、その出力によって売電単価が決まります。

住宅用のパワーコンディショナーの出力は一般的に10kW未満であり、2020年度を例に取ると10kW出力のパワーコンディショナーは【売電単価:21円/kWh】となっています。
2020年に契約した場合は今後10年間はこの価格で売電することができます。

逆に言えば売電価格が年々下がっている現状を考慮すると、10年後はほぼ売電価格がつかないことが予想されます。
(一条工務店で太陽光発電システムを搭載すると現状で11年目以降から11円/kWhで発電した電気を買い取ってくれますが、将来的にはどうなっているかは予測できません)。

このことから太陽光発電を検討するうえで重視しなければいけないのは『10年間で初期投資分を回収できるのか?』ということです。

太陽光発電システム搭載費用は?

【一条工務店】太陽光発電システム搭載費用は?

一条工務店の太陽光発電システム搭載費用は2020年現在で「太陽光発電システム+蓄電池」の組み合わせで1[kW]=約19万円
搭載容量が大きいほど発電量は多くなりますが、初期投資が大きくなります。

福井人
福井人

太陽光発電システムを検討している方は、一条の住宅には10~15kW程度の太陽光発電パネルが搭載されると考えていればOK。

我が家の場合は搭載容量約12kWで蓄電池込みで約240万円。
この価格は市場に出回っている太陽光発電システムと比較しても破格の値段だったりします。

年々太陽光パネルの値段は安くなってきていますが、他社の太陽光パネルの価格は1kW当たり約24~35万円です。
蓄電池が付いてなくてパネルだけの値段で、です。

一例を挙げると下表のような感じ。

メーカー名1kW相場
Panasonic25.1万円(設置容量6.05kWの場合)
SHARP29.1万円(設置容量6.14kWの場合)
東芝26万円(設置容量6.20kWの場合)
京セラ31.2万円(設置容量6.16kWの場合)
一条工務店19万円

変換効率や搭載kW数などで一概に比較はできないのですが、一条工務店の太陽光パネルは大手メーカーに圧勝しているのが分かります。
蓄電池付きで1kW当たりの値段も他社よりも安いという大盤振る舞い。

ただ一条工務店で家を建設することが条件としてありますが、一条工務店で家を建てる人にとっては有難い限りです。

他社蓄電池+他社パネルと比較すると、一条工務店の方が1/2の価格で太陽光発電システムを採用できるので非常にお得。
ちなみに蓄電池だけで我が家の容量と同じものを他社で購入すると100万円以上します。

では、なぜ一条工務店がこれほどの低価格で「太陽光パネル+蓄電池」システムを搭載できるのかの秘密に迫ります。

まとめ

一条工務店の「太陽光パネル+蓄電池」システムは破格の値段
一条工務店の太陽光発電システムは元を取ることができる

一条工務店の太陽光パネルが安い理由

一条工務店の太陽光パネルが安い理由
太陽光パネルが安い理由
  • 自社グループでの一貫生産
  • 大容量パネルを搭載可能

1つ目の理由が一条工務店が独自に開発し、自社グループで生産を行っているため。
太陽光パネルをフィリピンの工場で生産し、日本に輸入しているため製作費を抑えることができるので、低価格で私達に提供することができます。

海外での生産ということで品質を心配する方がいますが問題ありません。
日本で販売されている太陽光パネルは全て国際規格で検査をされているので心配ないです。

2つ目が大容量のパネルを搭載することで容量1kW当たりの設置費用が安く済みます。
太陽光パネルの設置費用を搭載容量で割るため搭載容量が大きくなると相対的に容量1kW当たりの設置費用が安くなるからですね。

一条工務店の太陽光発電システムは、屋根全体に太陽光パネルを搭載する”屋根一体型”のため搭載容量が大きくなるため設置費用を安く抑えることができます。
そういった理由から太陽光発電システム1kW当たりの単価が19万円と、他社と比べて低価格に設定しても一条工務店は利益が出るわけです。

まとめ

一条工務店の太陽光パネルは

  • 自社グループでの一貫生産
  • 大容量パネルを搭載可能

で安くすることに成功している

元が取れるのかを検証

太陽光発電は元が取れるのか徹底的に検証

それでは、実際に一条工務店の太陽光パネルを搭載したときの発電シミュレーションをして、どの程度の利益が出るのかを検証します。

発電シミュレーションは一条工務店が作成したシミュレーションを基にしています。
そこから独自の考察を落とし込んでいます。

我が家の情報はこちら⇩です。

✔我が家の情報

  • 居住地:福井県
  • 商品名:i-smartⅡ
  • 太陽光搭載費用:約240万円
  • 太陽光搭載容量:約12kW
  • 蓄電池定格容量:約7kW
  • 蓄電池最大出力:5.5kVA
  • パワーコンディショナー定格出力:9.9kW

一条工務店が行った発電シミュレーションでは、初年度の合計発電量は12.791kWh
今回はこちらの値を基準にして元が取れるのかを考えていきます。

こちらのシミュレーションの数値は福井県の日照量やこれまでのデータから算出されています。
営業の方の話ではこれより1~2割程度割増しで発電するそうですが、今回のシミュレーションでは割増分は考慮していません。

太陽光発電を語る上で外せないのが太陽光発電で発電した電気の売電価格です。
こちらについては2020年の経済産業省より住宅用の10kW未満の売電価格が21円/kWhに決まりました。

福井人
福井人

2021年度は18円/kWhになり、売電価格は3円下がります。
これからも売電価格は下がっていくので、太陽光発電の採用を考えている方は早めの契約がオススメ。

2020年に太陽光パネルを搭載する住宅は2020年から2029年までの10年間を21円/kWhで電力会社に売ることができます

それでは実際にどのくらいのメリットがあるのかを徹底的に検証します。

太陽光発電の発電計画は1年目~10年目と11年目~20年目で大きく異なります。

一条工務店の発電シミュレーションでは30年間の予想メリットを作成しています。
しかし、太陽光発電の耐用年数は約20年と一般的にいわれています。
今回の試算では20年間の予想メリットを算出します。

太陽光発電計画 1年目~10年目

太陽光発電計画 1年目~10年目

1年目~10年目は発電した電気を売る方が利益が出るので、ひたすら発電した電気は売ります。

ここで注意点!
太陽光発電の売電ルールとして、原則的に余剰電気分のみを売電することが可能となっています。
自己消費で使用できない分を電力会社へ売るというイメージ。

蓄電池のモードを【ノーマルモード】にします。
ノーマルモードは自己消費分以外の日中の太陽光発電の分は全て売り、夜の電力料金が安い時に蓄電池に電気を貯めておくモード。

夜間貯めた電気を日中に使用し、日中の発電分は売る。
この手法を【ダブル発電】といいます。

福井人
福井人

蓄電池のモードはいくつかのモードから選択することができますよ。

✔1年目のシミュレーション結果

  • 自己消費メリットの電力量:約2,000kWh
  • 売電収入の電力量:約10,000kWh
  • 蓄電池メリットの電力量:約500kWh
✔売電価格を21円で計算したときの初年度のメリット
  • 自己消費メリット:約4万円
  • 年間の売電収入:約22万円
  • 蓄電池のメリット:約1万円

年間の予想メリットの合計は約27万円。
月々の予想メリットに直すと約22,000円

我が家を例に挙げると太陽光発電システムの搭載費用が240万円ですので、35年ローンで考えると月6,000円の返済が発生します。
22,000円-6,000円=16,000円/月、毎月得をするということになりますね。

しかし、このメリットが今後10年間得られることができないのが残念ポイント。
太陽光パネルの発電効率は年間に0.5~1.0%程度低下していきます

また、福井県は雪が降る地域ですので、冬場の発電量は大幅に下がります。
しかし、営業の方曰く発電量の低下はあまり気にすることはないとのことでした。

前述していますが、基本的に一条工務店で太陽光発電システムを搭載した方で発電シミュレーションを下回る人はおらず、むしろ1~2割増しで発電するようです。

数年前の福井の大雪で全国ニュースになったときですら、年間で見た場合発電シミュレーションを下回ることが無かったようです。

1年目の発電量を目安に10年間分の発電メリットの試算を行います。
今回は年間の発電効率の低下を0.5%と1.0%のものを2つ試算しています。

年間の発電効率の低下率1.0%で試算した結果

【太陽光発電】年間の発電効率の低下率1.0%で試算した結果(1~10年間)

年間の発電効率の低下率0.5%で試算した結果

【太陽光発電】年間の発電効率の低下率0.5%で試算した結果(1~10年間)

搭載費用が243.8万円でしたので、年間の発電低下率が0.5%の場合は10年で搭載費用が回収できます。
しかし、発電低下率が1.0%だと回収できないことになります。

ただ、今のところ一条工務店の太陽光発電パネルの年間発電効率が1.0%低下したという情報はでてきていません。

一条工務店の発電シミュレーションでは10年間の予想メリットは約270万円でした。
単純に初年度の予想メリットを10倍しただけですね。

福井人
福井人

発電効率が低下すると説明しておきながら、この丼勘定はいかがなものなんでしょうか…

しかし、今回の試算で分かったことは10年で搭載費用を回収できるだろうということでした。

また、営業の方の「1~2割は発電量は多い」という情報から太陽光発電搭載費用は10年で回収できる=【元が取れる】と考えられます。

まとめ

一条工務店の太陽光発電システムの搭載費用は10年で回収できる

太陽光発電計画 11年目~20年目

太陽光発電計画 11年目~20年目

11年目以降に入ると売電価格が下がるため、発電した電気を売ってもほとんど利益が得られません。

そこで11年目からは蓄電池のモードを「節エネモード」へ変更します。
節エネモードは日中発電した電気をできるだけ蓄電池に貯め、夜間にも使用するモード。

自己消費分をなるべく発電した電気分で賄い、蓄電池に充電しきれない分を売電するというモード。

11年目のシミュレーションでは発電効率が初年度から90%程度に落ちることを考慮しています。

✔11年目のシミュレーション結果

  • 自己消費メリットの電力量:約2,000kWh
  • 売電収入の電力量:約8,000kWh
  • 蓄電池メリットの電力量:約1,300kWh
✔売電価格を11円で計算したときの11年目のメリット
  • 自己消費メリット:約2万円
  • 年間の売電収入:約9万円
  • 蓄電池のメリット:約1万5千円

年間の予想メリットは約16万円。
月々の予想メリットに直すと約13,000円

しかし、このシミュレーションには落とし穴があります。
それは、売電収入のメリットです。

2020年の現段階で11年目の人の売電価格が8円/kWh(北陸電力)です
10年後の2029年にはほぼ0円に近くなっていると予想されます。

一条工務店は2020年現在の売電価格(11円/kWh:一条工務店買取価格)でシミュレーションを行っているので、11年後の2029年にも売電メリットがあるように見えますが今回の試算では一旦無視します。

売電しないことを考えるとその分の電力を自己消費分や蓄電池への充電に回せます。
しかし、今回の試算ではその辺りも完全に無視してシミュレーションを行います。

無視する理由は仮に発電した電気を電力会社へ売電できず、蓄電池に充電する形をとったとしても、蓄電池に充電できる容量にも限りがあるからです。
我が家の蓄電池では年間約1,300kWhのメリットが限界。

今回も太陽光パネルの発電効率の低下率を0.5%と1.0%の2つで試算を行います。

年間の発電効率の低下率1.0%で試算した結果

年間の発電効率の低下率0.5%で試算した結果

10年間で太陽光発電の搭載費用は回収しているので、11年目からの太陽光発電で得られるメリットは全て収益となります。

上記試算から10年間で約30万円のメリットがあることが分かります。
売電収入を完全に無視して30万円のメリットです。

得られた30万円が全て収益となれば嬉しい限りなのですが、そううまい話はありません。
太陽光発電には維持費がかかります。

まとめ

11年目からの10年間で約30万円の収益
太陽光発電には維持費が発生する

太陽光発電システムの維持費

太陽光発電システムの維持費

大きく分けて維持費は

  • パワーコンディショナーなどのメンテナンス費用
  • 固定資産税

の2つがかかります。

太陽光発電のメンテナンス費用

太陽光発電のメンテナンス費は【パワーコンディショナーの交換費用】があります。

パワーコンディショナーの耐用年数は15年間程度。
交換費用は約15万円。

ネットで「太陽光発電の維持費」を検索すると、他にも【売電メーターの交換費用】や【4年に1回のメンテナンス費】などが出てきます。

メンテナンス費用は太陽光発電パネルの掃除などが当てはまり、少しでも発電効率を上げるために行われますが、メンテナンス費用として支払った以上のメリットがあるかは正直何とも言えません。

一条工務店の場合はそれらの費用は考える必要はないですよ。

固定資産税

搭載する太陽光発電の出力によって固定資産税が変化します。
具体的にはパワーコンディショナーの出力が10kW以上だと太陽光発電システムに固定資産税がかかります。

基本的に住宅用はパワーコンディショナーの出力が10kW未満ですのであまり気にする必要はありません。
太陽光発電を搭載することで家全体の価値が上がるので少し固定資産税が高くなるくらいですね。

出力が10kW以上の場合は太陽光発電の評価額の1.4%の固定資産税を支払う義務があります

まとめ

太陽光発電にはパワーコンディショナーの交換費用と固定資産税の2つの維持費がある

【まとめ】太陽光発電システムについて

【まとめ】太陽光発電システムについて

太陽光発電は一つの投資ですので、元が取れなかったら正直つける必要がないと個人的には思っています。

今回の記事で一条工務店の太陽光発電システムは元を取ることができると分かったと思います。
しかし、一条工務店が作成している発電シミュレーションを鵜呑みにしていると痛い目に合います。

発電効率や世の中の流れ、維持費を考慮した上でシミュレーションを行った結果でも元が取れることが分かりました。

一条工務店の発電シミュレーション結果では30年間で300万円の収益が発生するとのことでした。
今回のシミュレーション結果では様々な状況を考慮しても20年間で約15万円の収益でした。

今回のシミュレーションは最悪な状況を考慮して行っているので、実際は今回の試算した金額の倍である30万円以上は収益のメリットとして得られると思います。

今回のケースでは太陽光パネルの搭載容量が12.750kWhでした。
仮に搭載容量が変化しても元が取れることには変わりはありませんので安心してください。
(搭載容量が少なくなれば初期投資費用が下がるため)

太陽光パネルの寿命が約20年となっているので、それ以降は太陽光パネルが載ったただの屋根になるというわけですね。
もちろん、耐用年数経過後にパネルの載せ替えもできますが20年後には売電収入の予想がつかないのでそのときに考えてくださいね。

搭載する地域や日当たりによって一概には言えませんが、一条工務店の太陽光発電システムはお得ですので多くの方が収益化できると考えます。

太陽光発電を搭載しようか迷っている方は参考にしていただけたら幸いです。

福井人
福井人

今回の記事以外にも一条工務店のことについて色々まとめているので参考にしてみてください。

コメント

  1. […] 【2020年最新】一条工務店の太陽光発電システムは元を取れるのか検証して… […]

  2. […] […]

    • ヒロ より:

      【売電メーターの交換費用】や【4年に1回のメンテナンス費】などは、なぜ一条工務店では考える必要がないのでしょうか?

      • 福井人 福井人 より:

        コメントありがとうございます。

        売電メーターの交換費用についてですが、一条工務店の営業さんに確認したところ「そのような話は聞いたことが無い。交換する必要はありません」との回答でしたので、そのようにブログでは書かせてもらっています。
        メンテナンス費用(パネルの掃除費用)はあくまでも太陽光発電の効率を上げるためのもので、必須のものではないから(メンテナンスを行うことでどの程度変換効率が上がるかも分からない)です。

        私の担当の営業さんの受け持つ一条オーナーの方で太陽光パネルを採用した方は60人以上いるとのことでしたが、メンテナンスを行っている方はいないとのことでした。

        また、ご質問がありましたらお気軽にご連絡ください。

  3. もうすぐ完成 より:

    一条にて太陽光発電と蓄電池設置しもうすぐ入居予定の者ですが質問があります
    1〜10年目までは売電価格が高いので全量売電し自己使用する電気は夜間に充電するものだと思ってましたが
    担当営業さんから
    「昼間自己使用する電気は発電中の電気を使い余った発電を売電します」
    と言われました
    これでは全量を売電する訳ではない様に思います
    それとも微々たる差なので気にしなくていいものなんですかね?
    教えてもらえると嬉しいです

    • 福井人 福井人 より:

      コメントありがとうございます。
      回答させていただきます。

      基本的に太陽光発電の売電の原則として『余剰分を売電する形』になります。
      電力会社にもよりますが、一般住宅が電力会社と売電契約する際はパワコン10kW未満で契約します(10kW以上にすると売電単価が下がります)。
      また、発電した電気を全量電力会社に買取する場合は売電単価も下がることになります。
      こういった経緯から営業の方は「昼間自己使用する電気は発電中の電気を使い余った電気を売る」というような表現をしたのだと思います。

  4. […] […]

管理人プロフィール

福井人

はじめまして!福井で産まれて25年が経ちました【福井人】です。

会社員2年目ですが、連日Twitterで流れてくる「ブログでいくら稼いだ」のツイートを見て、一念発起してWordpressでブログを開設!

生活をちょっとだけ豊かにする「面白い」記事を積み上げていきます。

先日、付き合っている彼女と婚約して、現在結婚式の準備や新居の打ち合わせなどを進めています。
一条工務店のi-smartシリーズで家を建てる予定。
打ち合わせ内容や家のことについて発信中。

福井人をフォローする
タイトルとURLをコピーしました