家作りを始める前にやるべきことリスト《ここから➤》

【一条工務店】太陽光発電は元を取れるのか検証してみた【搭載費用は回収できる?】

広告
一条工務店
記事内に広告が含まれています
【一条工務店】太陽光発電システムは元を取れるのか検証してみた?

一条工務店の太陽光発電って元が取れるの?
売電価格も下がってきてるし、評判について教えて欲しい

筆者
筆者

採用しても損するなら付けたくないですよね。
気になるポイントについて解説します。

広告

この記事はこんな人にオススメ

  • 太陽光発電を搭載しようか迷っている人
  • 光熱費を抑えたい人
  • 一条工務店で家の打ち合わせを行っている人

この記事を読むと分かること

一条工務店の太陽光発電システムを搭載するメリット

太陽光発電の売電価格が年々下がっている今「本当に元が取れるのか?」と心配になりますよね。
その辺りも詳しく解説します。

この記事を読み終わると一条工務店の太陽光発電システムについて詳しくなれること間違いなしです。

太陽光発電システムの搭載率

一条工務店で契約した方の太陽光発電システムの搭載率は驚異の90%。

一条工務店は一年間の太陽光搭載実績件数が世界で1位となり、ギネス世界記録に載りました。
(他にも注文住宅受注実績や住宅工場の規模で世界一を取りました。)

筆者
筆者

2019年1月1日~12月31日までの期間で9,957軒の住宅に太陽光発電を搭載したようです。

一条工務店の太陽光発電システム

一条工務店の太陽光発電システムについて
筆者
筆者

結論からいうと、元は取れます

太陽光発電は屋根に乗せる太陽光パネルとその電気を調整するパワーコンディショナー(通称パワコン)の組み合わせによって発電できる出力[kW]が決まります。

パワコンの出力によって売電単価が決まります←FIT制度(固定買取価格買取制度)という国の制度。

FIT制度での売電単価
  • 2021年度:19円/kWh
  • 2022年度:17円/kWh
  • 2023年度:16円/kWh

住宅用のパワコンの出力は一般的に10kW未満であり、2023年度を例に取ると出力が10kW未満のパワコンの場合は売電単価:16円/kWhと決まっています。

2023年に太陽光発電の売電を始めた人は今後10年間はこの価格で売電することができます。
とはいえ、FIT制度での売電単価は年々下がっています。

筆者
筆者

ちなみに2012年度の売電単価は42円/kWhと今の倍以上

その代わり太陽光パネルが倍の値段しますが…

売電単価は下がっているのに元が取れるの?

売電単価は下がっているが、太陽光パネルの搭載費用も安くなっている
近年、電気代も高騰しているので太陽光メリットが更にUP

最近、大手電力会社が一斉に電気代の値上げを発表しましたね。
電気代が値上がりしたことで家計は圧迫されて辛いですよね。

太陽光発電を導入することで発電した電気を自宅で使うことで電力会社から電気を買う費用を抑えることができ、結果的に電気代の削減に繋がります!

年々、売電価格が下がっている現状を考慮すると、10年後はほぼ売電価格がつかないことが予想されています。

このことから太陽光発電を検討するうえで重視しなければいけないのは『10年間で初期投資分(設置費用)を回収できるのか?』ということです。

元が取れると言い切れる理由は下記の記事の売電収入からも明らかですのでチェックしてみてくださいね。

太陽光発電システム搭載費用

【一条工務店】太陽光発電システム搭載費用は?