家作りを始める前にやるべきことリスト《ここから➤》

【後悔しない家作り】家作りを始める前にやるべきこと

広告
一条工務店住居
記事内に広告が含まれています
後悔しない家作りを行うために家作りを始める前にやるべきこと

家作りは何から始めればいいの?

筆者
筆者

一生に一度の家作り。
後悔しないために何から始めるべきかをまとめてみました。

広告

この記事はこんな人にオススメ!

  • 家作りを検討中の方
  • どのように家作りを進めるのか分からない方
  • 家作りをレベルアップさせたい方

この記事を読むと分かること

家作りのスタートダッシュを切る方法

家作りを始める方へ

【住宅を購入する】ということはこれからの人生で一生暮らす住処を手に入れること。
その代償として多くの方が住宅ローンを数十年間支払うことになります。

しかし、何千万も支払う人生最大の買い物にも関わらず、多くの方が準備不足。
これでは理想の家作りは行うことは難しいです。

筆者
筆者

家作りは何の準備もせずに行うと必ず後悔します

多くの方がやってしまいがちなのが、とりあえず一番最初に【モデルハウスへ見学へ行ってみる】ことです。

モデルハウスへ見学へ行って実際の住宅を見学することは大切です。
しかし、一番最初に行くべきではありません。

今回はどのような順序で家作りを進めていけば後悔しない家作りを行えるのか紹介します。
今回紹介するリストの順番で家作りを進めていくだけで理想の家作りを行うことができます。

記事の内容

家作りを始める前にやることリスト

  • インスタグラムで情報収集
  • 家作りに関する書籍を購入する
  • 間取り作成サービスを利用する

1. インスタグラムで情報収集

家作りやることリスト
1. インスタグラムで情報収集
筆者
筆者

最初に家作りに関する知識を蓄えます。

特にInstagramには多くの家作りアカウントがあり、【#後悔しない家作り】【#家事動線】などの多くの家作りに関する情報を収集できます。

インスタグラムは実際の施工例を写真付きで投稿している方が多く、施工例と同時にその施工を行った感想を見ることができます。

気になったものは保存して後で確認することもできます。

気になるハウスメーカーがある方は【#ハウスメーカー】で検索することで良い意見も悪い意見も確認できます。

特に【一条工務店】に関するハッシュタグはとても多いです(2021年11月26日現在37.9万件)。
私は一条工務店で契約したのですが、情報収集にインスタグラムを広く利用しました。

アカウントを作っていない方は作っておくといいですよ。

家作りのイメージを言語化する

情報収集と並行して【家作りに関するイメージ】を膨らませます。
そこで大切なことが3つあります。

  • 現在の住まいの不満点を書き出す
  • 要望リストを作成する
  • 実際の施工例を確認する

家作りを行うにあたって、少なからず「こんな家に住みたい」という理想があると思います。
それを何となく頭で浮かべるのではなく、紙やスマホに書き出して言語化してみてください。

そして、その要望の中で優先度の高い順に並べ替えてください。
家作りは行う人によって必要・不要なものが異なります。

筆者
筆者

友達がこう言っていたから要らないよね、ではなく自分に当てはめて考えることが大切。

2. 家作りに関する書籍を購入する

家作りでやることリスト
2. 家作りに関する書籍を購入する

インスタグラムである程度のイメージが固まった後は、住宅に関するプロのアイデアや意見がまとめられた本を読んでみるのがオススメ。

家作りに関する書籍を活用することで【家作りの進め方や間取りの基本】から【住宅ローンなどお金に関すること】まで幅広くカバーすることができます。

中でも家作り前に読んでおきたい書籍を3冊紹介します。

オススメ書籍
  • はじめて家を建てました
  • 間取りの方程式
  • 住まいの解剖図鑑

はじめて家を建てました

  • 著者:あべかよこ
  • 価格:1,572円
  • 発売日:2009年9月18日

✔本の内容
ハウスメーカーに侮辱されたマンガ家あべかよこさんが、家づくりの裏を知り尽くした、住宅コンサルタント小野信一さんのもとで一から勉強!

建築家・ハウスメーカー・工務店の違い、ローコスト住宅の罠、現場監督との付き合い方……、知らなきゃ損する知識を大公開! あなたも、納得のいく家を建ててみませんか?

家作りについて何も知らない完全初心者の著者が2世帯住宅を建てるまでを描いた漫画エッセイ。
無知が故に気付くポイントであったり、素人目線だからこそ共感できる部分があります。

何よりもマンガ形式なので、スラスラと読めます。

痒い所に手が届く、家作りの入門書には最適な一冊

間取りの方程式