家作りを始める前にやるべきことリスト《こちらをクリック》

【火災保険】選び方と安くするための3つのポイントについて紹介!

住居家づくり
【火災保険】選び方と安くするための3つのポイントについて紹介!

火災保険はどれに加入すればいいの?
なるべく安くて良い保険に加入したい!

今回はこのような疑問や要望について解決します。

火災保険と一口に言っても、実は【火災】で住宅が被害を受けたとき以外にも保険が適用されます。
加入する保険種類にもよりますが、例えば【水災】や【風災】、【落雷】などでも保険金が支払われます。

それ以外にも【盗難】や建物や家財の【破損】時にも保険金が支払われるような火災保険もあります。

火災保険は住宅に関する災害の非常に広い範囲をカバーする保険です。

特に最近はゲリラ豪雨による川の氾濫や土砂崩れなどの水害の多発から【水災】までカバーした火災保険に加入する人が増加しています。
ハザードマップの危険度が高い地域に住んでいる方はもちろん、危険度が低い地域に住んでいる方にとっても水害は身近に起こる可能性のある災害です。

今回はそんな多種多様な火災保険をどのようにして選べばよいのか、火災保険を安くするにはどうしたらよいのかについて紹介します。
この記事を読み終わると、火災保険料金が割安になること間違いなしです。

記事を読むべき人
  • 火災保険の選び方を知りたい人
  • 火災保険を安くする方法を知りたい人
  • 自分に合った火災保険を選びたい人



火災保険の選び方について

火災保険の選び方について

火災保険はそれ一つで様々な災害をカバーできることは前述したとおりです。
しかし、何を基準に火災保険を選べば良いのか分からないと思います。

火災保険の保険料は5つのポイントによって決まります。

  • 住宅所在地
  • 建物の構造級別
  • 補償内容
  • 特約の種類や範囲
  • 保険金額と保険期間

保険料は様々な観点から総合的に見て判断されますが、始めに火災保険を決める基準について簡単に紹介します。
いくつかのポイントを押さえることで自分に合った火災保険が見つかるはずです。

既に火災保険に加入しているという方は保険証券とにらめっこしながら記事を読み進めてみてくださいね。

FUKU
FUKU

不動産やハウスメーカーの営業の方に言われるがままとりあえず加入したという方が多く、自分に合った火災保険かというとそうではないケースが多いです。

火災保険を選ぶ基準
  • 保険対象を選択
  • 補償範囲を選択
  • 地震保険の加入の有無

火災保険を選ぶときはこれら3つのポイントさえ押さえておけばOK。
これらのポイントについて簡単に説明します。

①保険対象を選択

①保険対象を選択
  • 家財のみ
  • 建物のみ
  • 建物+家財

はじめに火災保険に加入するときは災害が発生したときに『どこまでを保険の対象とするか』を決めます。
持ち家の場合は上記に書いた3種類から決めることができ、保険対象が多くなるほど、対象金額が上がるほど支払う保険料も上がることになります。

家財とは冷蔵庫やテレビなど建物以外の建物の中にあり動かせるものを指します。

FUKU
FUKU

賃貸住宅の場合は建物の火災保険は管理者が入っているので、入居者は家財のみの火災保険に入ることになります。

火災保険は基本的に【保険金額】と【建物の構造(耐火基準)】によって金額が変化し、建物が高いほど保険料が上がり、建物が燃えにくいほど保険料が割安になります。

それについての詳細は別記事にまとめているので参考にしてみてください。

②補償範囲を選択

②補償範囲を選択

保険対象が決まると『どこまでの災害を補償するのか』、補償の範囲を選択します。

補償範囲
  • ①火災・落雷・破裂・爆発・風災・雹災・雪災
  • ②水災・盗難・水濡れ・破損

現在の火災保険は【火災】や【風災】など補償範囲①の項目は加入したら必ずついてくるメインの補償となっているものが多いです。
【水災】や【破損】(窓が割れた等)の補償範囲②の項目はオプション扱いとなっており、メインの補償にそれらを付加していく形になります。

もちろんオプションが何も必要なければ補償範囲①のメイン項目だけを押さえた火災保険に加入することは可能です。
それだけでは不安という方は【水災】のみ、【水災】と【破損】の2つのオプションを付加するというように好きな項目をメイン補償に付加することができます。

補償範囲を広くカバーするほど当然ですが支払う保険料は上がるので注意。
自分がどこまで必要なのかを吟味して補償範囲を選択してください。

【水災】の項目は市町村が発行しているハザードマップを確認して、危険度が高い地域に住んでいる方はマストで付けた方が良いオプションです。

FUKU
FUKU

オプションに免責金額を設定することで保険料を安くすることが可能ですので、その点も踏まえてオプションの付加について考えてみてください。

免責金額とは?
契約した保険で保険金を支払いする災害が生じた場合に契約者が自己負担する必要のある金額

例えば免責金額10万円に設定している場合、災害による損害金額が50万円の場合は40万円が保険会社から支払われ、10万円が自己負担となる。

③地震保険の加入の有無

③地震保険の加入の有無

地震保険は原則、単独で加入することはできず火災保険とセットで加入する必要があります。

FUKU
FUKU

原則というのは【地震補償保険】と呼ばれる単独で加入できる地震保険があるからです。

というのも、地震保険は政府が仕組みを作っているからです。
政府(国)が地震保険を作っているため、『保険料はどの保険会社に入っても保険金額が同じであるならば金額が同じ』という特徴があります。

地震保険とは?
地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失による損害を補償する保険

火災保険では地震が原因による火災や破損に対しては補償の範囲外です。
地震起因の火災によるリスクまでカバーしたい場合は地震保険への加入はマストとなります。

地震保険の保険金額については火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内で決めるルールがあります。
また、保険金額の上限が建物5,000万円、家財1,000万円に設定されています。

まとめ

火災保険の選ぶ基準は3つのポイントを押さえる
保険料金は加入する保険や住宅の構造で変化する

火災保険を安くする方法

火災保険を安くする方法

これまで火災保険の選ぶ基準について紹介しました。
続いては火災保険を安くする方法を紹介していきます。

火災保険を安くする方法
  • 保険会社間で保険料金を比較する
  • 支払方法を変更する
  • 免責金額を設定する

火災保険を安くするには3つのポイントを押さえることが重要です。

①保険料金を比較する

①保険料金を比較する

同じ補償でも保険会社によって保険料金が変わるため、複数の保険会社を比較することはとても大切です。

私自身がモデルケースとして複数の保険会社から同じ条件で見積を取得したのでその結果について紹介します。
一番安い保険会社と高い保険会社では約10万円も差がありました。

モデルケースについて
火災保険(10年間)と地震保険(5年間)に新築で加入

建物保険金額:2,600万円
地震保険金額:1,300万円
構造級別:T構造

補償範囲:火災・落雷などの補償範囲①+水災・盗難

上記の条件で複数の保険会社から相見積を取得しました。
結果を下記に示します。

  1. 三井住友海上:172,460円
  2. あいおいニッセイ同和損保:183,830円
  3. 日新火災保険:198,680円
  4. ジェイアイ傷害火災保険:206,370円
  5. 東京海上日動火災保険:215,040円
  6. AIG損害保険270,870円

火災保険料は10年分、地震保険料は5年分を一括で支払ったときの保険料の比較です。
特約などの有無によって一概に比較はできませんが、それでも最安値と最高値で約10万円の差があります。

FUKU
FUKU

保険会社によってこれだけの違いがあります。
実はこの相見積を一気に取ることができるサイトがあるのを知っていますか?

住宅本舗の火災保険見積

それが【住宅本舗の火災保険一括見積もりサービス】です。
利用者数6万5千人を突破した火災保険の比較サービスです。

最大16社】から一気に相見積を取得できるので、簡単に比較・検討できます。
一括見積請求は簡単なアンケートを入力するだけで、無料で【たった3分】で自分にぴったりの火災保険を選ぶことができます。

火災保険料を抑えたい人にとって最適なサービスです。

無料・たった3分
スピード比較

②支払方法を変更する

②支払方法を変更する

保険会社を比較・検討して一番お得な保険を選んだ後は【支払方法を変更】してください。

火災保険は契約期間を最長の10年間に設定し、10年間分の保険料金を一括で支払うことによってよりお得に火災保険に加入することができます。
1年毎に更新をかけている方は支払方法を10年にする方がベター。

契約期間割引率
3年約10%
5年約20%
10年約30%
火災保険の契約期間による割引率の変動

10年間分の保険料を一括で支払うことが難しい場合は5年毎にすることも可能です。
自分に合った支払方法を検討してみてください。

契約期間を延長し、一括で支払うのが一番お得ということだけは忘れないでくださいね。

③免責金額を設定する

③免責金額を設定する

補償範囲の部分でも説明しましたが、免責金額を設定することで保険料金を割安にすることができます。

免責金額とは?
契約した保険で保険金を支払いする災害が生じた場合に契約者が自己負担する必要のある金額

例えば免責金額10万円に設定している場合、災害による損害金額が50万円の場合は40万円が保険会社から支払われ、10万円が自己負担となる。

免責金額を高く設定すればするほど保険料金を抑えることができますが、その分災害発生時の自己負担が大きくなる点に注意。
例えば、火災などで家が焼失してしまったときは免責金額に設定していた10万円を支払うことが難しいときもあると思います。

そういった最悪のケース・万が一に備えるのが火災保険ですので、目先の安さに捉われることなくよく考えて免責金額は設定してくださいね。

【まとめ】火災保険を安くする方法について

【まとめ】火災保険を安くする方法について

今回の記事では火災保険の選び方と火災保険を安くする方法について紹介しました。

火災保険の保険料を節約したいあまりに必要な補償まで削ることだけはNG。
万が一に備えるために必要な補償は例え金額が上がっても付けましょう。

火災保険を安くする方法
  • 保険会社間で保険料金を比較する
  • 支払方法を変更する
  • 免責金額を設定する

火災保険を安くするためには3つのポイントを押さえることが大切です。

特に同じような火災保険でも保険会社間で保険料金が全然違うということがあります。
保険料金を比較することは重要です。

FUKU
FUKU

同じ保険に加入するなら安い方がいいですね。

保険の比較は【住宅本舗の火災保険一括見積もりサービス】で、無料で簡単に一括見積を請求できます。
便利なサービスですので、ぜひ利用してみてくださいね。

無料・たった3分
スピード比較



コメント

  1. […] 【火災保険】選び方と安くするための3つのポイントについて紹介!今回は… まとめ […]

管理人プロフィール

ふく

片田舎に一条工務店のグランスマートを建てて夫婦ふたり暮らししています。

生活をちょっとだけ豊かにする【暮らしのアイデア】や【家作り】についての記事を投稿しています。
Youtube始めました

Follow Me !!!
タイトルとURLをコピーしました