家作りを始める前にやるべきことリスト《ここから➤》

【火災保険】ベストな選び方と保険料を安くする3つの方法を徹底解説!

スポンサーリンク
住居

火災保険はどれに加入すればいいの?
なるべく安くて良い保険に加入したい!

スポンサーリンク

この記事はこんな人にオススメ!

  • 火災保険の選び方を知りたい人
  • 火災保険を安くする方法を知りたい人
  • 自分に合った火災保険を選びたい人

この記事を読むと分かること

火災保険の選び方と安くする方法

火災保険の補償範囲

火災保険は住宅に関する災害の非常に広い範囲をカバーする保険

火災保険と一口に言えど、実は【火災】で住宅が被害を受けたとき以外にも保険が適用されます。
例えば住宅が浸水したとき【水災】や台風で被害にあったとき【風災】等にも保険金が支払われます。

特に最近はゲリラ豪雨による川の氾濫や土砂崩れなどの水害の多発から【水災】までカバーした火災保険に加入する人が増加しています。

ハザードマップの危険度が高い地域に住んでいる方はもちろん、危険度が低い地域に住んでいる方にとっても水害は身近に起こる可能性のある災害です。

今回はそんな多種多様な火災保険をどのようにして選べばよいのか、火災保険を安くするにはどうしたらいいのかについて紹介します。



保険料の条件・仕組み

火災保険の選び方について

火災保険の保険料は5つの条件によって決まります。

  • 住宅所在地
  • 建物の構造級別
  • 補償内容
  • 特約の種類や範囲
  • 保険金額と保険期間

保険料は様々な観点から総合的に見て判断されます。

始めに火災保険を決めるときのポイントについて紹介します。

筆者
筆者

いくつかのポイントを押さえることで自分に合った火災保険が見つかります。

火災保険は不動産やハウスメーカーの営業の方に言われるがまま【とりあえず加入した】という方が多く、自分に合った火災保険かというとそうではないケースが多いです。

既に火災保険に加入しているという方は保険証券とにらめっこしながら記事を読み進めてみてくださいね。

火災保険料を割安にできる可能性がありますよ。

火災保険のポイント
  • 保険対象を選択
  • 補償範囲を選択
  • 地震保険の加入の有無

火災保険を選ぶときはこれら3つのポイントさえ押さえることが大切。

①保険対象を選択

①保険対象を選択
  • 家財のみ
  • 建物のみ
  • 建物+家財
筆者
筆者

火災保険に加入するときは災害が発生したときに『どこまでを保険の対象とするか』を決めます。

持ち家の場合は上記に書いた3種類から決めることができ、保険対象が多くなるほど、対象の金額が上がるほど支払う保険料も上がります。

賃貸住宅の場合は建物の火災保険は管理者が入っているので、入居者が加入できるのは火災保険は家財のみ

火災保険は基本的に【保険金額】と【建物の構造(耐火基準)】によって金額が変化し、建物が高いほど保険料が上がり、建物が燃えにくいほど保険料が割安になります。

それについての詳細は別記事にまとめているので参考にしてみてください。

②補償範囲を選択

②補償範囲を選択

保険対象が決まると『どこまでの災害を補償するのか』、補償の範囲を選択します。

補償範囲
  • ①火災・落雷・破裂・爆発・風災・雹災・雪災
  • ②水災・盗難・水濡れ・破損

現在の火災保険は【火災】や【風災】など補償範囲①の項目は加入したら必ずついてくるメインの補償となっているものが多いです。

筆者
筆者

もちろん火災だけが補償範囲という火災保険も存在します

【水災】や【破損】(窓が割れた等)の補償範囲②の項目はオプション扱いとなっており、メインの補償にそれらを付加していく形になります。

補償範囲が広ければ広いほど支払う保険料は上がります。
自分がどこまで必要なのかを吟味して補償範囲を選択してください。

【水災】の補償はハザードマップを確認して、危険度が高い地域に住んでいる方はできる限り付けた方が良いオプションです。

筆者
筆者

オプションに免責金額を設定することで保険料を安くすることが可能です。

免責金額とは?
契約した保険で保険金を支払いする災害が生じた場合に契約者が自己負担する必要のある金額

例えば免責金額10万円に設定している場合、災害による損害金額が50万円の場合は40万円が保険会社から支払われ、10万円が自己負担になります。

③地震保険の加入の有無