家作りを始める前にやるべきことリスト《ここから➤》

【一条工務店】延床面積35坪 アイスマートの火災保険の見積の紹介!【保険選びは究極の2択問題】

スポンサーリンク
一条工務店後悔しない家づくり
【一条工務店】延床面積35坪 アイスマートの火災保険の見積の紹介!【保険選びは究極の2択問題】

火災保険ってどのくらいが妥当な金額なの?
オススメの火災保険があるなら教えて欲しい

筆者
筆者

万が一に備える火災保険、しっかりと検討することが大切。

スポンサーリンク

この記事はこんな人にオススメ!

  • どの火災保険に加入しようか悩んでいる方
  • 家作り打ち合わせ中の方
  • 家作りの検討をしている方

この記事を読むと分かること

一条工務店アイスマートの火災保険見積の一例

火災保険のちょっとした話

住宅を建てたり、中古住宅を購入すると多くの人が加入する【火災保険】と【地震保険】。
住宅に万が一のことがあったら補償してくれる火災保険。

筆者
筆者

しかし、身近で実際に住宅の火災が発生した例って聞いたことありますか?

令和元年の建物火災の発生件数は21,003件/年。
1日当たり約60件の建物火災が発生

日本には住宅が6,000万戸以上あります。
その内、火災発生件数が21,000件/年ということは、火災発生件数自体は住宅戸数の0.03%以下

出火原因の大半が『たばこ』や『たき火』の火の不始末による火災と言われています。

筆者
筆者

つまり、住宅で火災が発生するのは非常にレアケースであると言えます。

あなたはどっちを選びますか…?

火災保険は長期契約(最長10年)にして、一括で支払うほど割安になります。
とは言っても、採用する保険の種類にもよりますが10年間で10~30万円は支払うことになります。

 契約年数  割引率 
3年約10%
5年約15%
10年約20%
火災保険の契約期間による割引率の変動

火災保険は生命保険等と異なり、災害が発生しない限り【加入しても使えない】保険です。
※補償内容によっては家財の破損で使えるケースもあります。

もちろん、保険を使用する状況にならないことがベストですが…

筆者
筆者

では、ここで二択問題です。
あなたはどちらに加入しますか?

  • 補償が盛り沢山の火災保険
  • 必要最低限の補償の火災保険

もちろんどちらの保険に加入するのも個々人の自由です。
この二択問題を頭の片隅に置いて、記事の続きを読んでください。

今回の記事では、二択のどちらのケースでも選択できるような火災保険について紹介します。
また、我が家の火災保険の見積についても紹介します。

➤次ページ アイスマートの火災保険について紹介!

コメント

管理人プロフィール

FUKUYA

夫婦ふたり暮らし / 20代 / 家作り発信中

片田舎に一条工務店のアイスマートを建てて夫婦ふたり暮らししています。

生活をちょっとだけ豊かにする【暮らしのアイデア】や【家作り】についての記事を投稿しています。

Follow me!!!
タイトルとURLをコピーしました