家作りを始める前にやるべきことリスト《こちらをクリック》

【一条工務店】施主検査のポイントを我が家の指摘事項を例に紹介!

スポンサーリンク
一条工務店
【一条工務店】施主検査のポイントと我が家の指摘事項

✔この記事がオススメな人

  • 施主検査のポイントを知りたい方
  • 施主検査を控えている方
  • 家作りの打ち合わせ中の方

施主検査ってどの部分を注意してみたらいいの?

今回はこのような疑問について解決します。

施主検査は引き渡し前に施主によって行われる最後の確認検査。
逆に言えばこのタイミングで施工不良に気付かないと、完璧ではない状態で新居が引き渡されることとなります。

そんなことはできる限り避けたいですよね。

そこで今回は施主検査を行う上で押さえておきたいポイントと注意して確認したいポイント。
我が家の施主検査での指摘事項を例に施主検査のポイント
紹介します。

この記事を読み終わる頃には施主検査を行う準備はバッチリ整っていることでしょう。

記事の内容
  • 施主検査のポイント
  • 我が家の指摘事項
スポンサーリンク

この記事の信頼性

一条工務店のグランスマート(スマートシリーズ×グレイスシリーズ)を建築中。
2021年4月に引き渡し予定。

筆者
筆者

実際に一条工務店を契約した施主である筆者が一条の施主検査のポイントについて紹介します。

一条工務店や家作りについてインスタグラムでも情報を発信しているので参考にしてみてください。

施主検査のポイント

施主検査のポイント

施主検査のポイントは3つ。

  • 色んな角度から確認
  • 目で見るだけでなく手で触って確認
  • 『かも知れない』という視点で確認

①色んな角度から確認することで普段の視点では発見できない傷や汚れを見つけることができます。
身体を屈めて低い角度から確認することは本当に大切です。

②手で触れることによって目では見つけることができなかった、微妙な凹凸や傷などを発見することができます。
特にドアの縁やフローリングは要チェックです。

③『傷ついているかも知れない』『仕様のミスがあるかも知れない』という間違っているかも知れないという視点でいることで施工不良や傷を見つけることができます。

施主検査のポイントを押さえることで漏れなくチェックしましょう。
指摘した部分にはマスキングテープや付箋を貼っておくことで後から見たときに補修箇所が分かりやすいです。

筆者
筆者

施主検査に持っていくべき持ち物についても別記事で紹介しているので参考にしてみてください。

我が家の指摘事項

施主検査の我が家の指摘事項

我が家の施主検査での指摘事項を例に挙げて、注意してみるべき部分について説明します。
指摘した部分は逐次監督に伝え、引き渡しまでに補修していただくように頼みました。

筆者
筆者

我が家の施主検査での指摘事項は約10ヶ所。

① 外壁の欠け・汚れ

施主検査指摘事項①外壁の欠け・汚れ

一条工務店の外壁はタイル施工。
光触媒で汚れを落とすことが可能なハイドロテクトタイルをオプションで採用することができます。

タイルは一枚ずつ接着剤で貼られているため接着剤がタイルからはみ出ていたり、接着剤自体がタイルに付いていることがあります。
また、大工工事時にモノをぶつけたのかタイルが欠けていることがあります。

我が家は無かったですが、タイルの間隔がズレていたり、水平より斜めに施工されていることもあるので注意深く確認してください。
また、外壁を下地へ固定しているビスの抜けが無いかも同時に確認しましょう。

筆者
筆者

タイルは数が多いので確認することが大変ですが、根気よく確認しましょう

② 扉の凹み・傷

施主検査指摘事項②扉の凹み・傷

扉だけでなく住宅設備の凹みや傷は結構あるあるです。
住宅設備は電気工事が完了するまで養生されてはいますが、運搬中や養生を外した後にちょっとした拍子によって傷がつくことがあります。

ただ目で見るだけでは気付きにくいのも事実。
手で触って確認することで扉の傷や凹みを発見することができます。

③ クロスの剥がれ・浮き

施主検査指摘事項③クロスの剥がれ・浮き

クロスの端や一部分が破けていることもあります。
剥がれや浮き以外にもクロスの品番が間違っているという可能性もあるため仕様書と照らし合わせて確認しましょう。

万が一、引き渡し後にクロスを破いてしまったというときも焦らなくて大丈夫です。

筆者
筆者

施工時に余ったクロスを引き渡しのときに一緒に渡されるので、それで補修可能です。

④ コーキング不足

施主検査指摘事項④コーキング不足

クロスつなぎ目のコーキング不足もあるあるです。
家も生きているので引き渡しから数年経過すればコーキングが割れてくることもあります。

木の膨張・収縮によってクロスに割れが生じることがある。
特に冬場の乾燥する時期に木の収縮によってクロスの下地が動くことで発生する可能性が高い。

引き渡し後数年経ってクロスが割れてくることは仕方がないことです。
しかし、「引き渡し時くらいは綺麗な状態にしたい」という希望でコーキングしてもらうことにしました。

⑤ 手すりの傷

施主検査指摘事項⑤手すりの傷

手すりのブラケット部分や手すり自体にスクラッチ傷があるときがあります。
取り付けるときや運搬するときに付いた傷です。

ブラケットの傷は結構目立つのでいろんな角度から確認すれば見つけることができます。

筆者
筆者

我が家の場合はブラケットカバーも一か所取り付けられていませんでした。

⑥ 接着剤の施工不良

施主検査指摘事項⑥接着剤の施工不良

グレイスカップボードの上部側の収納に接着剤の施工不良がありました。
屈みこまないと見えない部分です。

視点を変えることで発見できることがあります。

⑦ フローリングの傷

施主検査指摘事項⑦フローリングの傷

石目調フローリングに付いた傷。
大工工事時に養生が甘かったのでその時に付いたのではないかと推測。

石目調フローリングはグレイスシリーズから追加されたモノです。
我が家はフローリングを黒色にしたので余計に目立ちます。

筆者
筆者

グランスマートに採用できる住設については別記事で紹介しているので参考にしてみてください。

⑧ アクリル板の割れ

施主検査指摘事項⑧アクリル板の割れ

ファイン手すりのアクリル板に生じた長さ100mm程度の割れ。
アクリル板はガラスと比べて割れにくい性質を持ちます。

ファイン手すりやオープンステアはガラスではなくアクリル施工

今回の場合は何らかの外的な強い力が加わったことで割れに繋がったのだと思います。

多少のひっかき傷などは補修可能ですが、今回のように割れてしまった場合は交換対応となります。
光の反射の関係で傷や割れがとても見つけにくいです。

オープンステアやファイン手すりを採用した方は注意深く確認しましょう。

【まとめ】施主検査のポイント

【まとめ】施主検査のポイント

施主検査は引き渡し前の最後の確認の砦。
確認ポイントをルール化することで確認漏れを防ぐことができます。

  • 色んな角度から確認
  • 目で見るだけでなく手で触って確認
  • 『かも知れない』という視点で確認

指摘してもそれが監督に伝わっていないと補修してもらえない可能性があります。
補修箇所は監督と一緒に確認した上で担当業者へ連絡してもらうように頼みましょう。

また、誰が見ても分かるように補修箇所にはマスキングテープか付箋を貼り付けておくとグッド。

施主検査の持ち物についても別記事で紹介しているので参考にしてみてください。

今回の記事が皆さんの役に立てると嬉しいです。

コメント

管理人プロフィール

ふく

片田舎に一条工務店のグランスマートを建てて夫婦ふたり暮らししています。

生活をちょっとだけ豊かにする【暮らしのアイデア】や【家作り】についての記事を投稿しています。
Youtube始めました

Follow Me !!!
タイトルとURLをコピーしました