家作りを始める前にやるべきことリスト《ここから➤》

【一条工務店】全館床暖房って実際どうなの?メリット・デメリットを徹底レビュー!

広告
一条工務店
記事内に広告が含まれています
【一条工務店】全館床暖房って実際どうなの?メリット・デメリットを徹底レビュー!

一条工務店って標準仕様で全館床暖房だけど実際の使い勝手はどうなの?

筆者
筆者

床暖房ってどのくらい暖かいのか、光熱費はどうなのか?気になりますよね

広告

この記事はこんな人にオススメ

  • 一条工務店を検討中の方
  • これから家作りを始める方
  • 既に一条工務店と契約した方

この記事を読むと分かること

快適な生活を手に入れるために犠牲にすべきこと

全館床暖房のちょっとした話

一条工務店と言えば、全館床暖房が標準仕様
というのは、一条工務店に興味を持った方はご存知のことだと思います。

冬場に一条工務店のモデルハウスへ入ると全館床暖房の実力にびっくりします。
一条の全館床暖房だとエアコンも石油ストーブも使わずに1階も2階も全て同じ温度を保つことができます。

筆者
筆者

体験していない方は実際にモデルハウスに足を運んでみてください。

性能の高さと実績は折り紙の一条工務店ですが、実は全館床暖房にもメリットとデメリットがあります。

今回の記事では全館床暖房を導入するメリット・デメリットについてまとめてみました。

この記事の信頼性

2021年4月から一条工務店のアイスマートへ引っ越し、夫婦2人暮らしを始めています。

  • 2021年4月下旬に引き渡し
  • 仕様:アイスマートⅡ
筆者
筆者

インスタでも家作りの情報を発信しているので参考にしてみてください!

全館床暖房のメリット

  • 家中が快適空間
  • 光熱費が高くない
  • 灯油を買いに行く手間が無い

メリット① 家中が快適空間

床暖房メリット① 家中が快適空間
筆者
筆者

全館床暖房の最大のメリットが家中どこも同じ温度であること。

一条工務店の全館床暖房は温水式。
お湯をフローリング下の配管に循環させて家中を暖めます。

輻射熱で温めるので足元から頭の先まで平均的に温まります。

家中の温度が一定なので【ヒートショック】のリスクも限りなく低いです。

ヒートショックとは?
急激な温度差で血圧や脈拍が一気に上昇や下降を起こすこと。

フローリングの下に配管が通っているので、冬場にフローリングが冷たいなんてことは一切ありません。

筆者
筆者

我が家に来たゲストの方は、最初にフローリングが冷たくないことに感動しています。

我が家はリビングに10畳の吹抜を採用しているのですが、1階も2階も温度に差が無く同じ温度で感動しました。
エアコンだとこうはならなかったと思います。

リビングもトイレもお風呂も全部同じ温度なので、冬場のお風呂が寒すぎて入りたくない問題から解放されます。

とりあえず【最高】、この一言に尽きます。

メリット② 光熱費が高くない

床暖房メリット② 光熱費が高くない
筆者
筆者

光熱費も全然高くなくて嬉しい限りです。

我が家は太陽光発電システムを導入している恩恵もありますが、現状毎月の光熱費が一万円を超えたことがありません。

一条工務店は【高気密・高断熱】住宅ですので、家で温めた空気が外に逃げていくことがありません。
家の温かい空気を逃がさないので室温が一定、かつ24時間ずーっと床暖房を稼働させても光熱費が高くなりません。

電力会社見直しして【Looopでんき】に加入したことも光熱費が高くならない要因です。

筆者
筆者

一条工務店の太陽光発電を導入・検討している人は下記記事が参考になるかも…

メリット③ 灯油を買いに行く手間が無い

床暖房メリット③ 灯油を買いに行く手間が無い
筆者
筆者