家作りを始める前にやるべきことリスト《ここから➤》

下がり天井のメリット・デメリット・我が家が下がり天井を採用した理由

広告
一条工務店
記事内に広告が含まれています
【一条工務店】下がり天井のメリット・デメリット・我が家が下がり天井を採用した理由

下がり天井を採用するメリットとデメリットについて教えて欲しい。

筆者
筆者

下がり天井はただ天井が下がるだけと思ったら間違いです。
効果的に使うことでよりお部屋がお気に入りの空間になりますよ。

広告

この記事はこんな人にオススメ

  • 家作りを検討している方
  • 下がり天井を施工しようと思っている方
  • 現在、新居の打ち合わせ中の方

この記事を読むと分かること

下がり天井を採用することで空間・視覚に与えるメリット・デメリット

下がり天井のちょっとした話

家づくりを行うと、あれやこれやと色んなことを試してみたくなりますよね。
その中の一つに下がり天井があります。

下がり天井と聞くと『天井が低くなる』とマイナスなイメージを抱く方もいるかもしれません。

しかし、下がり天井を効果的に採用することで視覚的に広く見えたり、空間をスタイリッシュに見せる効果があります。

インスタグラムで「#下がり天井」で検索するオシャレな投稿がたくさん出てくるので参考にしてみてください。

筆者
筆者

我が家が下がり天井を採用した理由についても紹介します。

下がり天井のメリット・デメリット

下がり天井のメリット・デメリットについて


下がり天井:天井の一部が他の部分よりも低くなっている天井のこと

別名、折り下げ天井といいます。

始めにそんな下がり天井のメリットを実例付きで紹介。

下がり天井のメリット

下がり天井のメリット
  • 空間をさりげなく仕切る(メリハリをつける)
  • スタイリッシュな空間を演出できる
  • 天井裏の排気ダクトの出っ張りを隠せる
筆者
筆者

下がり天井を効果的に利用することで得られるメリットは沢山あります。

① 空間をさりげなく仕切る

下がり天井のメリット【空間をさりげなく仕切る】

下がり天井を採用することで空間に起伏を作る


天井の一部が下がっていることによって視覚的にその部分のみが独立しているような錯覚が生じます。

下がっている天井部分に目には見えない壁ができます。
さらに適度に天井が下がっていることによりその空間がリラックスできる空間であると人は錯覚します。

一方で、下がっていない天井の方は【開放感】を演出することができます。
下がり天井は5㎝~20cm程度のものですが、下がり天井が無い部分は相対的に開放感を感じます。

筆者
筆者

人間の脳って凄い!

一例

キッチンダイニングに下がり天井・リビングに吹き抜けを採用した場合
ダイニング側はより落ち着いた空間に、吹き抜けはより開放感を演出できる

② スタイリッシュな空間を演出

下がり天井のメリット【スタイリッシュな空間にできる】

間接照明と組み合わせることで下がり天井をスタイリッシュに演出

間接照明を点灯させることで下がり天井がある空間だけが部屋から浮き上がったような演出をすることも可能。

下がり天井に間接照明を採用することで下がり天井の折り下げ幅も大きくなります。
それによってメリット①で挙げた【空間を仕切る】効果も存分に期待できます。

寝室やリビング、キッチンなど付ける場所によって雰囲気が変化する下がり天井の間接照明。

下がり天井を検討している方は間接照明の導入も検討するとより満足度の高いこだわりの家づくりができますよ。

③ 天井裏の排気ダクトの出っ張りを隠せる