家作りを始める前にやるべきことリスト《ここから➤》

【一条工務店】着手承諾後の流れや必要なお金について紹介!

広告
一条工務店
記事内に広告が含まれています
【一条工務店】着手承諾後の流れや必要なお金について紹介

一条工務店と着手承諾を結んだけど、この後にかかるお金や必要な申請はどんなことがあるの?

筆者
筆者

お金の工面は早めにしておくが吉です。

広告

この記事はこんな人にオススメ!

  • 一条工務店で契約している人
  • 家を建てるのに必要なお金を知りたい人
  • 家作り検討中の方

この記事を読むと分かること

家作りに準備しておきたいお金

この記事の信頼性

筆者
筆者

筆者のFUKUYAです。
インスタグラムYoutubeで家作りについて発信しています。

✔我が家の情報

  • ハウスメーカー:一条工務店
  • 商品名:i-smartⅡ
  • 施工面積:約40坪
  • 間取り:吹抜付2階建4LDK

着手承諾後の話

一条工務店と最終打ち合わせを終え着手承諾を結ぶといよいよ着工を待つ身となり、営業の方と関わることも少なくなります。

それこそ書面上でのやりとりになっていきます。

筆者
筆者

着手承諾後は家の間取りや仕様変更を行うのが難しくなります。

絶対無理というわけではないですが、相当難しくなります。
しっかりと細部まで確認してから着手承諾を行うことが大切。

今回は一条工務店と着手承諾を結んだあとの流れや必要なお金について紹介します。
この記事を読み終わると、安心して着工→引き渡しまで過ごすことができますよ。

着手承諾後の流れについて

着手承諾後の流れについて
家作りの流れ
  • 一次外構工事
  • 配置確認
  • 基礎工事着工
  • 上棟
  • 竣工検査
  • 引き渡し
  • 完成時外構工事
筆者
筆者

家作りの流れについてインスタグラムで紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

おおよその流れは上記のような感じです。
我が家の場合は、着手承諾後から約8か月後に引き渡し予定です。

① 外構工事

上棟時にレッカー車を入れるための駐車場の確保、資材置き場の確保など土地を整地する必要があるため、基礎工事着工前に一次外構工事を行います。

その後、配置確認を行います。

配置確認とは?
建物を建てる前に敷地に地縄を張ることで、これから建てる建物の位置を確認する作業

この作業は工事を担当する責任者と施主の間で行われます。
施主は張ってある地縄の位置に間違いがないかを確認する必要があります。

筆者
筆者

打ち合わせの際に確認した配置図を基にして地縄が張られます。
思ったより家が小さいことに驚きます。

地鎮祭を行う方は配置確認のタイミングで行います。

② 上棟

基礎工事が着工されてから約1ヶ月程度で上棟です。
2日間程度で家の骨格ができあがります。

上棟から約二週間~一ヶ月後に【気密測定】が行われ、家の中にどれくらいの隙間があるのかを測ります。
【気密】はC値という指標で表され、数字が小さいほど建物に隙間が少ないことを意味しています。

一条工務店の基準:C値=0.6以下[㎠/㎡]

C値やQ値などの高気密・高断熱の指標について詳しく知りたい方は別記事で説明しているので参考にしてみてください。

建てる地域にもよりますが、工事がスムーズに進めば上棟後3ヶ月で竣工検査が行われ、その後引き渡しとなります。

着手承諾後にかかるお金

着手承諾後にかかるお金について
必要なお金
  • 預り金+着手金
  • 上棟金
  • 最終金
  • 外部工事費

<