家作りを始める前にやるべきことリスト《ここから➤》

【太陽光発電・蓄電池有】一条工務店アイスマート 1年間の電気代の収支

スポンサーリンク
一条工務店
【太陽光発電・蓄電池有】一条工務店アイスマート 1年間の電気代の収支

一条工務店の太陽光発電システムを導入することで電気代をどの程度節約することができるのか?
我が家を一例に1年間の電気代の収支について紹介します。
年々電気代が高騰している今、電気は自家発電し自宅で消費することで電気代を節約することができますよ。

筆者
筆者

今回の記事は皆さんが気になるお金の話!

スポンサーリンク

この記事はこんな人にオススメ!

  • 一条工務店と契約した方
  • 一条工務店での家作りを検討している方
  • 太陽光発電システムを導入するか迷っている方
  • これから家作りを始める方

この記事を読むと分かること

一条工務店の太陽光発電・蓄電池有りの場合の年間の電気代の収支

一条工務店の太陽光発電って本当にお得なの?
床暖房って電気代結構かかるの?

これから家作りを始める方にとって「本当に住宅ローンを支払っていけるのか?」という不安の種は付き物。
しかし、マイホームを持つからには「快適に暮らしたいし、少しの贅沢もしたい!」という願望も…

そのためには毎月どのくらいの固定費がかかるのかを知ることはとても大切です。

固定費の一つとして月々の電気代がどのくらいなのか、2021年に一条工務店で家を建てて、1年が経った我が家の年間の電気代と太陽光発電の売電収入を紹介します

ぜひ、家づくりの際の参考にしてみてください。

筆者
筆者

Instagramでも家づくりについて発信しています!
気軽に交流しましょう。

【一条工務店】1年間の電気代と売電収入

【一条工務店】1年間の電気代と売電収入

一条工務店の住宅で電気代の比較をする上では下記の条件を確認するのがオススメ。

  • 太陽光発電システムの有無(蓄電池の有無)
  • ※太陽光有りの場合は売電単価
  • さらぽかの有無
  • 居住地域と人数
  • 契約している電力会社

電気代は条件によって変わってくるので要確認です!

特に太陽光発電を導入している家庭の場合は電気を自宅で消費しているケースが多いため、電気代が一般家庭と比較して安くなりがちです。

また、契約している電力会社によっても電気代は大きく変わるので要注意。

電気代の比較をする上で参考にして欲しい我が家の基本的な情報について紹介。

筆者
筆者

我が家は太陽光発電を導入しています。

我が家の情報
  • 親子3人暮らし(子ども0歳) 
  • アイスマート 延床面積35坪(2階建て)
  • 北陸在住
  • さらぽかなし
  • 太陽光パネル:12.75kWh搭載(蓄電池有)
  • 売電単価:21円/kWh
  • オール電化
  • 電力会社:北陸電力→Looopでんき

電気代を節約する方法についても記事内で紹介しているので参考にしてみてください。

【2021/6月-2022/5月】1年間の電気代

使用電力量[kWh]電気代
2021年6月188¥5,055
2021年7月208¥4,787
2021年8月301¥5,393
2021年9月273¥4,951
2021年10月286¥5,245
2021年11月334¥6,236
2021年12月471¥9,095
2022年1月1,068¥24,699
2022年2月963¥22,414
2022年3月704¥15,913
2022年4月384¥7,834
2022年5月276¥5,759
合計5,456¥117,381

電気代の月平均額は9,700円でした。

筆者
筆者

電気代が月1万円以下で快適な生活が送ることができて幸せです。

【比較】オール電化住宅の電気代

上の表は一般的なオール電化住宅の月々の電気代の平均をまとめたものです。

一般的なオール電化住宅と比較しても、我が家は節約できていることが分かります。

我が家が電気代を節約できている背景に【太陽光発電メリット】と【電力会社の見直し】が関係しています。

2021年8月 電力会社を【北陸電力】から【Looopでんき】へと変更
2021年10月26日~2022年4月12日 床暖房稼働

夏場はエアコンを1台(真夏は2台)、冬場は床暖房のみ(エアコンやヒーター使用せず)を使用しています。 

一条工務店の言わずと知れた【全館床暖房システム】ですが、「電気代が結構かかる…」というような噂も聞いたことがある方もいるはずです。

しかし、冬場も平均して1万5千円程度の電気代で抑えることができています。

筆者
筆者

24時間常に快適な家でこの電気代ならコスパ良すぎ!

我が家は2021年8月から電力会社をLooopでんきへと変更しました。
そのおかげで電気代の節約ができました。

※しかし、現在ウクライナ危機の影響により電気代が高騰しているのでLooopでんきはオススメできません…

それぞれの電力会社の電気代を比較することでどの家庭でも電気代を節約できる可能性があります。

電気代の比較には【エネチェンジ】というサイトがオススメ!

エネチェンジは現在契約している電力会社と比較して、一番電気代が節約できる電力会社を紹介してくれます。

筆者
筆者

ちなみに我が家の場合、年間で2万円安くなるシミュレーション結果が得られました。

【エネチェンジ】では無料で簡単に電力会社の比較ができるのでぜひやってみてください。

➤ 太陽光発電を利用して電気代の節約したい方には下記記事がオススメ!

【2021/6月-2022/5月】1年間の売電収入

売電電力量[kWh]売電額
2021年6月1,368¥28,728
2021年7月1,123¥23,583
2021年8月1,474¥30,954
2021年9月994¥20,874
2021年10月1,267¥26,607
2021年11月1,025¥21,525
2021年12月530¥11,130
2022年1月93¥1,953
2022年2月132¥2,772
2022年3月576¥12,096
2022年4月1,364¥28,644
2022年5月1,063¥22,323
合計11,009¥231,189

売電収入額の合計は年間で230,000円超でした。

筆者
筆者

売電単価が21円/kWhで契約できたのが大きいですね。

※売電単価は年々安くなっており、2022年現在で17円/kWhと筆者契約当初より4円も安くなっています。

北陸在住のため、冬場は雪の影響でほとんど発電せず…
蓄電池メリットがあり、電気代の節約に貢献

冬場は雪の影響でほとんど発電しなかったですが、年間の売電収入は23万円超を達成することができました。

初年度は一条工務店のシミュレーションとほぼ同じくらいの太陽光発電メリットを得られたので恐らく10年以内には元が取れると思います。

これだけの売電収入を得られた裏側には【売電単価】と【パネルの搭載容量を大きくしたこと】が関係しています

蓄電池メリットについてや太陽光発電のメリットについては別記事で詳しく紹介しているのでそちらを参考にしてみてください。

【まとめ】1年間の電気代の収支

年間の電気代117,381円
年間の売電額231,189円
収支113,808円

電気代の収支としては+11万円超達成!

筆者
筆者

これだけの収支にしてくれる太陽光発電様様です

最後にこれから家作りを始める方に一言。

これから電気代が高騰していくことは明らかですので、一条工務店の太陽光発電パネルと蓄電池が一緒になった【電力革命】を導入することオススメします。

電気は買う時代ではなく、自己消費する時代に突入しつつあります。

※ちなみに東京都では2025年4月から戸建住宅を含む新築建物への太陽光パネルの設置義務化が決定。
政府側も温室効果ガス削減のためにこれから太陽光発電導入の動きは加速していくと思います。

電気代は様々な条件によって変わってくるので一概に比較することは難しいですが、ぜひ今回の記事が参考になると嬉しいです。

筆者
筆者

Instagramでも家づくりについて発信しています!
気軽に交流しましょう。

コメント

管理人プロフィール

FUKUYA

一条工務店での家づくりテクニック・後悔しない家づくり・暮らしのアイデアについて発信中!
- 親子3人暮らし / 20代 -
2021年2月一条工務店アイスマート引き渡し
吹抜リビング 太陽光発電のあるお家に暮らしています

Follow me!!!
タイトルとURLをコピーしました