家作りを始める前にやるべきことリスト《ここから➤》

【電気代高騰の救世主】家庭用蓄電池で電気代を節約したい人 集合!

広告
住居後悔しない家づくり
記事内に広告が含まれています
【電気代高騰の救世主】家庭用蓄電池で電気代を節約したい方集合!

昨今の電気代の高騰により家庭用蓄電池が注目を集めています。
家庭用蓄電池には色んな種類があり、どれを選べばいいのか分からないのが正直な話。
そこで本記事では家庭の電気の使い方に応じた蓄電池の最適な選び方について紹介します。

筆者
筆者

Let’s 電気代節約!

手っ取り早く結論を知りたい方は記事の最後の【まとめ】までGO ➤!

広告

この記事はこんな人にオススメ!

  • 自宅に合う蓄電池がどれなのかさっぱり分からない方
  • 蓄電池の選び方を知りたい方
  • 電気代を節約したい方
  • これから家づくりを始める方

この記事を読むと分かること

家庭用蓄電池を選ぶ際のポイントと導入方法

本記事を見ていただいている方は少なくとも家庭用蓄電池の導入・購入を迷っている方だと思います。

蓄電池の上手な買い方についても記事内で紹介しているので参考にしてみてください。

筆者
筆者

記事を読み終わると、蓄電池を採用したくなること間違いなし!

ちなみに我が家は太陽光発電と蓄電池の組み合わせで電気代の節約に成功しています。

蓄電池の選び方のポイント【3選】

蓄電池の選び方のポイント【3選】
ポイント
  • 太陽光発電の有無
  • 蓄電池の容量・出力の最適化
  • 停電時の対応能力
筆者
筆者

蓄電池選びのポイントはズバリこの3つ!

蓄電池を導入した家庭でよく聞かれる後悔があります。

容量が足りない/大きすぎる
・太陽光後付けしたのに一緒に使えないの?
・停電したのに使えない…

これら全ては準備不足という状態が招いた後悔です。

たった3つポイントを押さえるだけで蓄電池導入後に後悔することは無くなります。

3つのポイントについて例を交えて、分かりやすく解説していきます。



① 太陽光発電の有無

① 太陽光発電の有無
筆者
筆者

蓄電池選びの攻略法は蓄電池の種類について把握するところから始まります。

家庭用蓄電池を選ぶ上で太陽光発電を導入しているか、これから導入する予定があるのかは重要なポイント

蓄電池の種類には大きく2種類あり、太陽光発電の有無でどちらの蓄電池を採用すべきなのかが決まってしまうためです。

蓄電池の種類
  • 太陽光無しの場合…単機能型蓄電池
  • 太陽光有りの場合…ハイブリッド型蓄電池

ちなみに蓄電池の購入費用の元を取りたい場合は太陽光発電との組み合わせが必須。

単機能型蓄電池とは?

単機能型蓄電池は一般的な家庭の電力系統から充電するタイプの蓄電池。
太陽光発電がない家庭の場合は単機能蓄電池一択です。

単機能型にも据え置きタイプと持ち運び可能なポータブルタイプがあります。

ポータブルタイプは蓄電池自体にコンセントが備わっており、家電製品をそこに接続して利用します。
そのため持ち運び可能な小型なモノが多く、安価で購入できるメリットがあります。

しかし、ポータブルタイプは容量が小さく直ぐに充電切れとなる場合もある点に注意。

筆者
筆者

ポータブルタイプの蓄電池は巨大なモバイルバッテリー的な感覚ですね。

単機能型蓄電池のメリットは安価な夜間電力で蓄電池へ充電し、昼間に利用することによる電気代の節約、非常時の備えなどがあります。

ハイブリッド型蓄電池とは?

ハイブリッド型蓄電池は太陽光発電+電力系統からの充電が可能な蓄電池。
蓄電池というとこっちのタイプを思い浮かべる人も多いかと思います。

単機能型に比べてハイブリッド型はメリットが多いです。

ハイブリッド型蓄電池のメリット
  • 電圧変換時のロスが少ない
  • 単機能型と比べて省スペース
  • 停電時にも太陽光発電との組み合わせで長く蓄電池を利用可能
  • 節電に大きく貢献できる

ハイブリッド型の進化機種として電気自動車からも蓄電池へ充電を行えるトライブリッド型蓄電池もあります。
電気自動車をお持ちの方はそちらも候補に入れるのもアリですね。

太陽光発電と蓄電池を新たに導入することを考えている方はハイブリッド型蓄電池を選ぶのがオススメ

② 蓄電池容量・出力の最適化