家作りを始める前にやるべきことリスト《ここから➤》

【後悔しない家作り】Vol.5 オシャレな部屋作りには照明選びが一番大切!

広告
後悔しない家づくり
記事内に広告が含まれています
【後悔しない家作り】Vol.5 オシャレな部屋作りには照明選びが一番大切!

照明選びって難しい…

筆者
筆者

一生に一回の家作り。

照明選びは部屋作りの最重要ポイントですよ。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 家作りに興味がある方
  • 家作り中の方

この記事を読むと分かること

後悔しない家作りをするためのtips

本題の前に!

今回記事で紹介している【後悔しない家作り】はシリーズモノです。
Vol.1~Vol.9まで記事にまとめる予定です。

今回はvol.5として【照明の選び方】について紹介します。

広告

【ここがポイント!】照明の選び方

お洒落な部屋作りのポイント【照明の選び方】

部屋の雰囲気作りにおいて【照明選び】は実は一番大切な要素。

設置する照明や種類によって部屋の雰囲気をガラッと変化させることができるからです。

筆者
筆者

部屋に最適な照明を選ぶためには照明の種類や色味を把握する必要があります。

照明の役割は【部屋全体を明るく照らすこと】と思われがちですが、実際には部屋を明るくすることは照明を置いたことによる副次的な効果。

照明の役割は人間の心理的なリラックスであったり、気持ちにスイッチを入れたりといったもっと深い部分にあります。

最初に照明の色味が人の心理に与える影響について説明し、それを基に照明の選び方について今回の記事では紹介します。



照明の色味が与える影響とは?

照明の色味が与える影響とは?
筆者
筆者

私達が日常的に見ている光の色は数値で表すことができます。

光には青みがかったものや黄みがかった光があり、それらは光色や色温度を用いて表現されます。
光色・色温度の違いは空間の雰囲気に大きく影響します。

光は、色温度が低いほど赤く、色温度が高ければ青白くなります。
照明の色味や色温度は大きく3色に分けることができます。

照明の色味
  • 電球色
  • 昼白色
  • 昼光色

電球色は主に寝室やホテルのロビー等で使われ、リラックスできる色味と言われています。

ろうそくの火や朝日や夕日も電球色に色温度が近く、見たときに何だか落ち着くのは色温度が関係しているからなんですね。

昼白色は日中の太陽光と色温度が近く活動的な照明色と言われています。
オフィスやショッピングセンターなど人が活動する場所に良く利用されています。

青白い色味の昼光色は文字やモノをハッキリと照らすことができ、集中力を高める色温度。
書斎やウォークインクローゼット等にオススメ。

このように照明の色温度によって人に与える影響が異なります。

どこの部屋にどの色温度の照明を採用するのが望ましいのか、ポイントを押さえて照明を検討することが大切。

筆者
筆者

続いては照明の種類について紹介!

知っとこ!照明の種類

照明の種類について

照明にはそれはそれは様々な種類があります。
壁に付けるブラケットライトや天井に付けるシーリングライト、手元のみを照らすデスクスタンド。

しかし、これら照明の種類も大きく2つに分類することができます。

照明の種類
  • 主照明
  • 補助照明

【主照明】は、部屋全体を明るく照らすことを目的としています。
シーリングライトなどが主照明に当てはまります。

【補助照明】はペンダントライトやリビングルームでよく使