家作りを始める前にやるべきことリスト《ここから➤》

【後悔しない家作り】Vol.4 ウォークインクローゼットの失敗しない作り方・間取り

広告
後悔しない家づくり
記事内に広告が含まれています
【後悔しない家作り】Vol.4 ウォークインクローゼットの失敗しない作り方・間取り

憧れのウォークインクローゼット。
でも、どこに作ると使いやすいんだろう…

筆者
筆者

一生に一回の家作り。

後悔しないためにいくつかのポイントを押さえておきましょう。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 家作りに興味がある方
  • 家作り中の方

この記事を読むと分かること

後悔しない家作りをするためのtips

本題の前に!

今回記事にまとめている【後悔しない家作り】はシリーズモノです。
Vol.1~Vol.9まで記事にまとめる予定です。

今回はvol.4として【WICの作り方】について検討します。

筆者
筆者

WICは2階の主寝室がスタンダードだと思っていませんか?

Youtubeでは我が家のWICについて紹介しています。

広告

ウォークインクローゼットの失敗しない作り方

ウォークインクローゼットの失敗しない作り方

間取り図面で頭文字を取って【WIC】(Walk In Closet)と記載されるウォークインクローゼット。

WICは衣類などの収納するための場所でありながら、人が中に入って使用できるスタイルの収納。
もちろん、衣類だけではなく鞄やスーツケースなどの大きな荷物も収納することができます。

WICは収納の主役であると同時に機能面などの高さから家作りを行っている多くの方が採用しています。

筆者
筆者

しかし、WICはしっかりと目的を持って作らないと使いにくく残念なWICになる可能性があります。

WICは配置する場所や使い方次第で便利にも不便にもなる諸刃の剣です。
どのように作れば失敗しないのか、使い勝手の良いWICを作れるのかを今回の記事では紹介します。

WICを作る際のポイントとは?

WICを作る際のポイントとは?
筆者
筆者

使いやすいWICを作るためにはWICのメリット・デメリットをしっかりと理解しておくことが大切。

メリット
  • WIC内で着替えが行える
  • 大きなモノでも収納可能
  • WIC内だけで収納が完結できる

ウォークインクローゼットとはその名の通り人が入れる程度の大きさがあるのが、一般的なクローゼット(CL)と大きく異なる点。

1畳から3畳程度の広さを確保することで大型のモノを収納できる他、WIC内での着替えも可能なことが特徴的なメリットとして挙げられます。

また、WIC内に衣類やその他のモノを収納することでリビングなどの生活空間に収納を付ける必要が無くなります。
リビングがスッキリとした空間作りができることでしょう。

WICを作る上でのポイントは【人が着替えられる広さがあること・服だけでなく鞄なども収納できること】

このポイントを押さえてWICを検討することが大切です。

筆者
筆者

続いて、WICのデメリット。

WICのデメリットとは?

WICのデメリットとは?
デメリット
  • 専有面積が大きい
  • 採光が難しい
  • 衣類が少ない人には不向き

WICを採用した