家作りを始める前にやるべきことリスト《ここから➤》

【一条工務店】無線LANの電波が弱い?!通信環境を整える4つの対策

スポンサーリンク
一条工務店
【一条工務店】無線LANの電波が弱い?!通信環境を整える4つの対策

一条工務店の住宅って無線LANの電波が届きにくいって本当なの?
電波を強くする方法を教えて欲しい。

筆者
筆者

一条工務店でなくても通信環境を整えたい方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

この記事はこんな人にオススメ!

  • 一条工務店で家作りを行っている方
  • 通信環境を改善したい方
  • 家作りの検討中の方

この記事を読むと分かること

家の通信環境を良くする方法

通信環境が悪い原因って?

情報化社会の昨今、無線LAN環境が無い住宅の方が珍しいといっても良いほど一般住宅でも無線LANなどの通信環境が整ってきました。

テレビでYoutubeを見たり、Amazon primeやNETFLIXなどのVODの普及で無線LAN環境はとても重要視されています。

しかし、そんな状況下で

一条工務店の住宅は無線LANの電波が届きにくい

と言われています。

一条工務店が無線LANの電波が届きにくい・弱いと言われるのにはアイスマートやグランセゾンの標準仕様となっている【全館床暖房】に原因があります。

一条工務店の床暖房は床下にホースを通して、そこに温水を通すことで住宅全体を暖めます。
その際、温水を通すホースは通称銀パネルと呼ばれる金属パネルの上に施工されます。

筆者
筆者

この銀パネルが電波の障害となっているわけです。

電波は金属を通過しにくいため1階から2階・2階から1階へはほとんど電波が届かないと言われています。

そこで一条工務店で住宅を建てる人や既に建てた人は無線LANの電波対策を考慮する必要があります。

今回はどのような対策方法があるのか、アイスマートを契約した我が家はどのような対策を取ったのかについて紹介します。

この記事を読み終わると、自宅の無線LAN環境がより良いものになること間違いなしです。

無線LAN環境をより良くする方法

無線LAN環境をより良くする方法
対策
  • ①情報BOXを家の中央に配置する
  • ②情報コンセントを追加する
  • ③中継器(リピータ)を付ける
  • ④メッシュWi-Fi環境を構築する

無線LAN環境をより良くする方法は4つ。
家を建てる前から検討した方が良いことや建てた後の人でも実践できる対策について紹介します。

対策①・②は住宅打合せ時点で検討できることです。
『既に家を建てたよ!』という人は対策③から読み進めてくださいね。

対策① 情報BOXを家の中央に配置する

無線LAN対策① 情報BOXを家の中央に配置する

情報BOX:インターネット回線や電話回線を一か所に集約して格納しておけるBOXの総称

無線LANはインターネット回線を契約し、外部から住宅内へインターネット回線を引いてくることで利用することができます。
無線LAN環境を構築する場合は必ずインターネット回線工事というものを行う必要があります。

インターネット回線の工事をした際、情報BOX内に光ケーブルなどの配線が引き込まれます。
そして、情報BOX内に配置されたモデムやルーターにそれらの配線が接続されます。

モデム:信号を変換する装置で、ルーターと外部信号の橋渡しをする役割
ルーター:モデムとLANケーブルで接続し、複数の端末を同時にインターネットに接続させるための装置

スマートフォンで無線LAN(Wi-Fi)が繋がるのはモデムとルーターがあるおかげです。

筆者
筆者

つまり、情報BOXが無線LAN電波の中心地となります。

情報BOXを中心に電波が飛ぶために情報BOXから遠い部屋ほど当然電波が弱くなります。

部屋を移動すると電波が届きにくいという体験をした方もいると思いますが、ルーターから遠くへ離れていっているのが原因です。

こういったことから情報BOXを家の中心に置いておく方がベターだと言えます。

そんなこと言われたって家の中心には情報BOXを配置できない…

というような方もいるかと思います。
それに情報BOXは結構目立つ外観ですので、家の中心に置けても置きたくないという方もいると思います。

それについての解決策はいくつかあるので、この後で紹介します。

対策①がオススメの人
  • お金をできる限りかけたくない方
  • インターネット回線は特定の部屋でしか利用しない方
  • 現在進行形で打ち合わせ途中の方

対策② 情報コンセントを追加する

無線LAN対策② 情報コンセントを追加する

情報コンセント:情報BOX内のルーターから各部屋へのコンセントへLANケーブルやTV線を配線したコンセントの総称

情報BOXが家の中央に配置できないという方は情報コンセントを追加することを考えてみてください。

情報コンセントには3種類あり、種類によってオプション料金が異なります。

情報コンセントの種類
  • LAN・TV・TEL・コンセント13,000円/1ヶ所
  • LAN・TV・コンセント11,000円/1ヶ所
  • LAN・コンセント7,500円/1ヶ所

LAN・TV・TELが付いた情報コンセントは1ヶ所標準で採用することができます。

筆者
筆者

我が家はリビングに情報コンセントを設置しました。

情報BOXを家の端に配置しても情報コンセントを適切な位置に配置し、ルーターを接続することで家中に無線LANの電波を広げることが可能です。

書斎など有線LANで接続したい設備がある場合は情報コンセントを付けておくことがマスト。

情報コンセントを追加するのを忘れたという方や別の方法が知りたいという方はまだまだ対策方法があるので読み進めてくださいね。

情報コンセントがオススメの人
  • 有線LANでPCやテレビなどに接続したい方
  • 家が建つ前に念のため無線LAN環境対策をしておきたい方

対策③ 中継器(リピータ)を付ける