家作りを始める前にやるべきことリスト《こちらをクリック》

【サービス終了】さよならドラゴンクエストライバルズ、サービス終了の原因をうんこちゃんとともに振り返る

スポンサーリンク
加藤純一(うんこちゃん)
【サービス終了】さよならドラゴンクエストライバルズ、サービス終了の原因をうんこちゃんとともに振り返る

✔この記事がオススメな人

  • ドラクエライバルズの既プレイヤー
  • うんこちゃんが好きな人
  • 面白いゲームプレイ動画を見たい人

2017年11月2日~サービスが開始された【ドラゴンクエストライバルズ】。
サービス開始から3年以上が経過しましたが、本日2021年7月5日をもってサービスが終了されます。

プレイヤー数の減少に伴い、泣く泣くのサービス終了となりました。

筆者
筆者

サービス開始から遊んでいた筆者としては悲しい気持ちです。

とは言え、第5弾のヒーローカードの登場を機に筆者自身はプレイすることを止めたのですが…
※ヒーローカードがないと勝てない環境は理不尽かなぁと感じてしまいました。

今回の記事はそんな思い入れのある(あった)【ドラゴンクエストライバルズ】を労うという意味で記事をまとめました。
『こんなこともあったなぁ』と懐かしむ気持ちで見ていただけたら嬉しいです。

記事の内容
  • ドラクエライバルズについて
  • サービス終了に至った経緯の考察
  • うんこちゃんのドラクエライバルズの面白いプレイ集
スポンサーリンク

ドラゴンクエストライバルズとは?

ドラゴンクエストライバルズとは?

【ドラゴンクエストライバルズ】とは2017年11月2日にスクウェア・エニックスより配信開始されたオンライン対戦型デジタルカードゲームアプリ。
実際にドラクエ内に登場するキャラクターやモンスターを自由に組み合わせてデッキを作成することができたので、ドラクエ好きの人にもカードゲーム好きの方にも人気だった本作。

【ドラクエ】というネームバリューもあり、サービス開始からわずか20日間で1,000万ダウンロードを超えて『さすがドラクエの名を冠するだけある人気コンテンツだ』と誰しもが思いました。
2019年12月には累計ダウンロード数1,600万ダウンロードを超えました。

2020年8月13日には【ドラゴンクエストライバルズ】から【ドラゴンクエストライバルズエース】へとタイトルを一新し、新しいゲームモードを追加するアップデートを行いました。

しかし、サービス開始から3年以上が経過した2021年4月2日に突然のサービス終了のお知らせ。
突然の出来事過ぎて、遅れてきたエイプリルフールネタかと思ったほどです。

そして、本日2021年7月5日の13時にサービスが終了されます。

筆者
筆者

多くの方にプレイされ、愛されてきたドラクエライバルズ。
なぜサービス終了に至ったのでしょうか…

なぜ、サービス終了したのか?

なぜ、サービス終了したのか?

プロデューサーの二木さん曰く『プレイヤー数の減少』とありますが、プレイヤー数が減少する理由がどこかにあったのではないかと思います。

なぜプレイヤー数が減少したのか筆者なりに考察してみました。
※ここから記載している事項に関しては筆者の個人的な見解です。

いくつかプレイヤーが離れていく理由があると思いますが、大きく分けて4つあったのではないかと思います。

  • ゲームバランスの難しさ
  • 1試合の長さ
  • ヒーローカードの登場
  • ゲーム版ドラクエとのギャップ
筆者
筆者

それぞれの理由について説明します。

① ゲームバランスの難しさ

① ゲームバランスの難しさ

ドラクエライバルズは8種類の職業につくリーダーカードがあり、それぞれのリーダーによってカードの特性やプレイスタイルなどが変化します。
全職業で共通して使えるカードとその職業でしか扱えない職業固有のカードがあります。

職業固有カードはリーダーの特性を伸ばすような優秀なカードが多いです。

これについてはドラクエライバルズだからというわけではなく、人気のオンライン対戦カードゲーム【ハースストーン】や【シャドウバース】も同様に固有カードは。

筆者はドラクエライバルズ以外にもデュエルマスターズや遊戯王、ガッシュベルやデジモンなど様々なカードゲームをプレイしてきましたが、カードゲームの面白さの肝は職業固有カードなどに代表されるようなゲームバランスの取り方だと思っています。

筆者
筆者

ぶっ壊れ性能のカードがあると環境が壊れる、というかそのカードしか使われなくなるということがカードゲームでは間々あります。

この辺のバランスの取り方がドラクエライバルズは少々下手だったんじゃないかと思います。
一例を挙げると2020年6月に追加された【まほうのせいすい】。

ソース画像を表示

まほうのせいすいの効果

  • 後攻の時に手札に追加される
  • 使用時のターンのみMPが1増加する

先行と後攻プレイヤーの格差をできる限り減らすために導入されたシステム。
サービス開始から2年以上が経過された後に試験的に導入された【まほうのせいすい】。

【まほうのせいすい】適用後の勝率の格差はさておき、これの導入をもう少し早くすることはできなかったのだろうかと感じます。

② 1試合の長さ

② 1試合の長さ

カードゲームだけに留まらずボードゲームにも言えることですが、初心者などの参入障壁を低くさせるためにはゲームルールの簡略化とゲーム自体の面白さ、そしてゲームプレイ時間の長さがとても重要です。

ドラクエライバルズはゲームルール自体は分かりやすく(カードの効果は複雑だが、これはどのカードゲームにも言える)、ゲーム自体も面白いです。
やはり実際にドラクエのキャラやモンスターが画面上で動いているのは魅力的です。

しかし、それらをさて置いてゲームプレイ時間が長い…

筆者
筆者

一試合30分以上かかることもザラ。

プレイ時間が長いことで負けた後に『もう一回』と気軽にできないのが残念でした。
※友人と腰を据えてローカル対戦するのはとても楽しかったですよ。

③ ヒーローカードの登場

③ ヒーローカードの登場

2018年11月22日にリリースされた第5弾カードパック【勇気の英雄譚】。
そしてこの弾から新たに導入されたヒーローカード。

このヒーローカードの導入をきっかけにライバルズの環境が一新しました。
ヒーローカードを積まないと勝てないという現実。

しかし、そのヒーローカードがほぼ課金しないと手に入らないという残念な環境。
※ドラクエライバルズには【錬金】といって不要なカードなどを分解して錬金石を手に入れ、錬金石を使用して強いカードを手に入れることが可能でした。

しかし、錬金石ではヒーローカードを錬金できなく(後々、錬金で入手可能になった)、課金しないと勝てない環境になりつつありました。

筆者
筆者

筆者はサービス開始からプレイしていましたが第5弾の登場をきっかけにプレイ回数が減り、第9弾の登場を機に完全に止めました。

そんな環境になったために私のように離れていったプレイヤーの方も多いのではないかと思います。
※私の周りも第5弾をきっかけに止めていった方が多かったです。

④ ゲーム版ドラクエとのギャップ

④ ゲーム版ドラクエとのギャップ

これはドラクエという名前を冠している以上仕方がないことだとは思いますが、ゲーム版のドラクエ(RPG)のようなモノをイメージしてプレイすると面喰います

ゲーム版のドラクエではRPGですので、キャラクターやモンスターを育成して強いボスへと立ち向かっていきます。
一方でライバルズはただただデッキを組んでプレイヤーと対戦するのみ。

そこには育成などの要素は皆無でした。

2020年8月にリニューアルされた【ドラクエライバルズエース】からはアドベンチャーモードといった一人でプレイするモードが追加されスキルパネルなどで育成の要素が追加されました。

筆者
筆者

しかし、時すでに遅く離れたプレイヤーが戻ることはありませんでした。

残されたのはカードゲームを純粋に愛するプレイヤーとドラクエライバルズを今更止めれないプレイヤー達。
ドラクエライバルズがサービスを継続していくためには圧倒的にプレイヤー数、課金量が足りなくなり、結果としてサービス終了となりました。

うんこちゃんとライバルズを振り返る

うんこちゃんとライバルズを振り返る

これまでドラクエライバルズがサービス終了に至った経緯について考察を行ってきました。
サービス終了といっても、各プレイヤーの過去の戦績や集めたカードの情報を閲覧できるウェブサイトの公開を予定しているようです。

ドラクエライバルズは3年という短いサービス期間でしたが、多くの方に愛されたコンテンツでした。
TwitterやYoutubeではサービス終了を悲しむ声が後を絶ちません。

サービス開始時はドラクエというネームバリューから多くのゲーム実況者の方にプレイされました。

ゲーム実況者であるうんこちゃんもその一人です。
ドラクエ好きのうんこちゃんはサービス開始後直ぐに本作をプレイしました。

そんなドラクエライバルズを労い、記事の最後はゲーム実況者であり人気の火付け役にもなったうんこちゃんのライバルズの動画で特に面白かった部分について紹介します。

うんこちゃんは以前40時間ぶっつけでドラクエライバルズ配信を行った伝説の回があります。
そんな40時間配信をまとめた切抜動画もあるので見て笑っていってください。

筆者
筆者

寝て起きて、さらに寝て起きてもまだやっていたのでびっくりした記憶があります。

2日間で40時間配信をして精神病になる

うんこちゃん、2日で40時間ゲーム配信して精神病になる【2017/12/03】

19時間半同じゲームをして狂う

19時間半ゲーム放送をし続けた加藤純一の珍プレー集【2017/12/02】

それ以外のオススメ

昨日7月4日にはドラクエライバルズのサービス終了を惜しんだ放送も行っています。
当時から使い続けたククールを使用して、闘技場に挑みますがその結果や如何に…

さよならドラクエライバルズよ永遠に。放送

最後に

個人的にドラクエライバルズはとても面白く、ドラクエの中のキャラクターが動くことに感動を覚えたゲームでした。
そんなゲームがサービス終了ということで非常に残念です。

しかし、また何らかの形でドラクエライバルズが戻ってくるのではないのかなぁと淡い期待を抱いて今回の記事を終わりたいと思います。

コメント

管理人プロフィール

ふく

片田舎に一条工務店のグランスマートを建てて夫婦ふたり暮らししています。

生活をちょっとだけ豊かにする【暮らしのアイデア】や【家作り】についての記事を投稿しています。
Youtube始めました

Follow Me !!!
タイトルとURLをコピーしました