苦しいほど現実で目を背けたくなるけど見て欲しい”劇場”のレビュー【Amazonプライム】

スポンサーリンク
雑談
苦しいほど現実で目を背けたくなるけど見て欲しい”劇場”のレビュー【Amazonプライム】

2020年7月17日に公開された【劇場】。
劇場公開と同時にAmazonプライムでも独占配信。

本記事では【劇場】をAmazonプライムで見た感想とAmazonプライムで無料で【劇場】を視聴する方法について紹介します。

登場人物と境遇が重なる人には苦しいほど現実で、それでも救いはどこかにあって、でも目を背けたくなって、好きってどうしようもなくて、好きな人と一緒にいるのって幸せだけど、そこに形を求めることの難しさを感じたーそんな映画【劇場】でした。

ちょっとだけ切なくて、ちょっとだけ泣けたそんな【劇場】の魅力を伝えられたらと思います。

記事の内容
  • 【劇場】を見た感想
  • 【劇場】をAmazonプライムで無料で見る方法
スポンサーリンク

【劇場】のあらすじ

【劇場】のあらすじ
映画『劇場』7.17公開/配信
  • 題:劇場
  • 監督:行定 勲
  • 公開年:2020年
  • 主演:山崎賢人 松岡茉優

芸人兼作家として活躍する又吉直樹が書いた小説である【劇場】が原作のラブストーリー。

高校からの友人”野原”と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う”永田”。
しかし、上演ごとに酷評され、半ば解散状態となった「おろか」。

ある日、”永田”は街中で偶然女優になる夢を持って上京し服飾の大学に通う”沙希”と出会う。
常に演劇のことだけを考えて生きてきた”永田”と女優の夢を持った”沙希”。

いつしか2人は恋に落ちる。

演劇に没頭する”永田”を”沙希”は支え続け、”永田”もそれに応えるためにより演劇に没頭していく。

自分と同じ歳で活躍する脚本家兼演出家がいる一方で、まだ日の目の出ない”永田”。
自分の地元の同級生は結婚をしていく中、東京で夢を追い続ける”永田”を支え続ける”沙希”

理想と現実のギャップに苦しむ2人。
次第に2人の関係性は変わっていく。

夢を叶えることが”沙希”を幸せにすることだと思って、奔走し続けた”永田”。

2人の終着点はどこなのか?

恋をしたことがある全ての人、かつて夢を追いかけた全ての人に贈る、切なくも心を震わせる、誰もが胸に秘める忘れられない恋を描いた【劇場】

【劇場】を見た感想・レビュー

【劇場】を見た感想・レビュー

この映画の見所はどうしようもなく生きるのが不器用で身勝手な”永田”と、それをずっと支え続けた健気な”沙希”、2人のラブストーリー模様。
「同じ靴ですね」から始まる恋。

演劇に対して真っ直ぐに生きる”永田”。
周囲から見たら不器用で、だけどどこか憎めない”永田”。

プライドだけは異常に高くて、周囲からの評価されない自分と唯一認めてくれる”沙希”という恋人の存在。
好きだからこそ認めてほしくて、認められているのにどこか素直になれない”永田”。

登場シーンからずっとクズ男。
働かないし、自分に都合が悪くなると逃げる。

”沙希”が自分の作品以外の物に触れていること腹を立てるほどの高いプライドと嫉妬深さ。
どうしようもなくクズ男の”永田”。

ラブストーリーという枠組みの中にあるのにラブシーンがこれっぽちもない。
だからこそ、”永田”の唯一の【手をつなぎたい】という愛情表現がどことなく綺麗で繊細で、なぜか少し恥ずかしくてほっこりします。

”沙希”を幸せにしたいという焦燥感から他人に強く当たってしまったり、”沙希”にも当たってしまうこともあり、胸がギュッと押しつぶされそうなリアルさ。

7年間という期間を支え続けた”沙希”。
その時間の重さと理想と現実とのギャップに”沙希”の心が徐々に壊れ始めます。

物語中盤から終盤にかけて2人の関係性が変わっていく様は声を失う程

【劇場】の最大の特徴が舞台と映画の曖昧な境界線上をいったりきたりする描写

というのも、映画中に舞台上で演劇を披露する部分が所々にあるのですが、そのシーンがどこかわざとらしかったり、大仰な演技がどことなく舞台っぽさがあります。

それと対比する形で”永田”と”沙希”の生活風景は自然体で、舞台の部分の描写と2人のラブストーリーの対比が非常に良い具合で、舞台っぽさと映画っぽさの美味しい所だけを抽出したジュースを飲んでいるかのような錯覚に陥ります。

そして、もう一つの特徴であり見どころが2人の恋愛模様の描写

出会い、恋をして、別れを経験したことのある人は必ず一度は経験したであろうあの感覚の追体験。
ズキッと胸を抉るような感覚。

好きだけど好きだって素直に言葉や行動にできない、あの感覚。
周りからのやめとけの制止の声も聞きいられないのは、好きだから。

きっと「”永田”なんてやめとけよ」と【劇場】を見た人全員思ったに違いありません。
でも、物語が徐々に進むにつれて”永田”の良さだったり、可愛さが溢れていて、クズ男なのに憎めない姿がそこにあります。

吐き気がするほどクズで傲慢な”永田”の全てを受け入れた”沙希”。
”沙希”に受け入れてもらうことで自分の居場所を見つけた”永田”。

漢字にすれば【共依存】という関係。
でも、そんな漢字3文字程度では表現できない、2人の姿が【劇場】には詰まっていたように感じます。

物語終盤には”永田”と”沙希”の2人が自転車で2人乗りをする印象的なシーンがあります。
そのシーンで一度も”沙希”のことを褒めたことがなかった”永田”が”沙希”のことを初めて褒めるのです。

その部分からなぜだか切なさで胸が押しつぶされそうになります。
自転車の2人乗りは青春の1ページみたいなシーンである、という先入観があったので余計に切なさがこみ上げてきます。

そして、物語はラストへ向かって自転車のタイヤのように転がっていきます。
このオチがとにかく最高。

”沙希”と”永田”の表情、映画の演出。
このオチが【劇場】の、そして”永田”の汚い部分を洗い流してくれたと、そう感じずにはいられません。

物語の序盤は甘酸っぱいジュースのようだったストーリーは次第に味を変え、苦くてゴロゴロした固形物のような少し喉に引っかかって、最後にはまた甘酸っぱいけどどこか前の苦みが残るような、でもその苦味が心地良かったりする、そんな映画です。

夢を追っている人、夢を追っていたけど諦めた人、失恋をした人、大切な人がいる人、そんな人は見るとちょっと切なくて、ちょっと泣けるーそんな映画です。

Amazonプライムで【劇場】を無料で見る方法

Amazonプライムで【劇場】を無料で見る方法

2020年7月17日に公開された【劇場】ですが、Amazonプライムでは映画公開と同時に配信されています。

Amazonプライムは30日間無料で試せるトライアル期間があり、その期間中であれば【劇場】を無料で見ることができます。

もちろん、【劇場】以外にも【バチェラージャパン】や【ドキュメンタル】、又吉直樹原作の【火花】も見ることができます。

✔Amazonプライム

  • 月額料金:500円
  • 無料トライアル期間:30日間(学生なら6ヶ月間)
  • 取扱コンテンツ数が豊富(海外ドラマ(プリズンブレイクなど)・バラエティー番組(相席食堂など)・洋画・邦画・アニメなど多岐にわたる)
  • Amazonミュージックやプライム会員限定のサービスが受けられる
  • 他のVODサービスと比較して、月額料金が安くお得

Amazonプライム会員になる方法も別記事で紹介しています。
5分もあれば登録できるので、迷っている方は無料期間だけでも試してみることをオススメします。

書籍版も大好評発売中です。
Amazonでベストセラー1位を獲得している本作。
どっぷりと又吉ワールドに浸かってくださいね。


劇場(新潮文庫)

コメント

管理人プロフィール

福井人

はじめまして!福井で産まれて25年が経ちました【福井人】です。

会社員2年目ですが、連日Twitterで流れてくる「ブログでいくら稼いだ」のツイートを見て、一念発起してWordpressでブログを開設!

生活をちょっとだけ豊かにする「面白い」記事を積み上げていきます。

先日、付き合っている彼女と婚約して、現在結婚式の準備や新居の打ち合わせなどを進めています。
一条工務店のi-smartシリーズで家を建てる予定。
打ち合わせ内容や家のことについて発信中。

福井人をフォローする
タイトルとURLをコピーしました