後悔しない家づくりをするためにー収納について考えようー

スポンサーリンク
住居 家づくり
悩んでいる人
悩んでいる人

家の打ち合わせが始まるけど、家の収納ってどうするのがいいの?

収納は家にどれくらいあれば十分なの?

こんな悩みを解決します。

後悔しない家づくりをするためには「収納」を考えることも重要なファクターです。
しかし、実に多くの人が建てる前は「収納」に無頓着で、建てた後に「もっと収納をつけておけば良かった」と後悔します。

収納」は多ければいいってものでもないし、かといって少なくすると後々困ります。

住宅には「収納率」と呼ばれる”住宅にはこれくらいの収納があるといいよ!”というバロメーターがあります。

本記事では「収納率」について考え、新築に必要な「収納」スペースについて紹介します。

この記事を読み終えると、新築に必要な「収納」について分かり、あなたの「収納」に対する考えが変わります。
また、それによって間取りに無駄がなくなり、結果として後悔しない家づくりにつながりますよ。

記事の内容

収納率について

収納の考え方

  • どこに何を収納するのか
  • 一番は”物を減らす”こと
スポンサーリンク

収納率について

ます簡単に「収納率」について説明します。

収納率」とは、住宅の床面積に対する収納面積の割合のことです。

  • 収納率 = 収納面積 ÷ 床面積 

つまり、「収納率」が大きい住宅ほど「収納」が多い家と言えます。

この「収納率」が一戸建てでは「12~15%」程度あれば十分と言われています。

イメージが湧きにくいですよね?

福井人
福井人

延床面積40坪の家で5~6坪あれば十分という計算です。

坪単価80万円の家なら、「収納」に500万円近く使用していることになります。

この具体的な数字を見ると、ちょっと恐ろしくなりますね。

逆に言えば「収納」について良く考えることで少しでもこれらの金額を浮かすことができるというわけです。

物の性質を知る

私は一番最初に「収納」は多ければいいというものではないと言いました。
収納率」について理解したあなたも今なら言っている意味が分かるはずです。

では、どのように「収納」を考えていけばいいのか?ということですがそれはまず”物の性質を良く理解する”ことです。

収納」のポイント
  • 収納場所と使う場所の距離
  • 収納方法が収納する物に合っているか
  • 物の出し入れのしやすさ

物には”片付けるべき場所”があります。

例えば冬物のアウター。
こちらは冬が終われば、クローゼットに「収納」されるべきもので、約一年間出てきません。

冬物を片付けるタイミングで春物を同時に出してくるはずです。

このように一時的に出てくる物。

逆に下着などのように毎日身に着けるもの。

物にはそれぞれの性質があります。

それらをよく理解し、適材適所に「収納」を作ることで家を建てた後に物を片付けしやすく、取り出しやすい「収納」が完成します。

まとめ

「収納」を上手く行うためには、まず”物の性質をよく理解する”ことが重要

収納の技を覚える

収納」の一例として

  • 食品を片付けるパントリー
  • 服や色んなものをしまうウォークインクローゼット
  • 靴を並べるシューズクローゼット

これらを効果的な場所へ配置することで、「収納」が楽になります。
それに間取りを考える際の参考にもなります。

間取り作成はジグソーパズルです。
どこに何を配置するのか、ピースを一つずつ合う場所へつなげて綺麗な間取り図を完成させなければなりません。

パントリーはキッチンの近くへ、シューズクローゼットは玄関横へ。

ウォークインクローゼットは?

これについては賛否両論あります。

主寝室に配置するという人、そもそも要らないという人。

ウォークインクローゼットは奥まった部分にある服などはやはり取り出しにくいですし、片付けにくいという弱点があります。

どこで何を使うのか、生活動線に合わせた「収納」を作ることが、満足いく「収納」を作るコツです。

福井人
福井人

私は玄関横にファミリークローゼットを配置し、そこを抜けて洗面所へアプローチするという間取りを採用しました。

また、どこかに何かをしまうだけが「収納」ではありません。
出していても美しくなるように「収納」を行えばいいのです。

本屋や服屋のようにお洒落にディスプレイすることもれっきとした「収納」の技のひとつです

収納の最上級”物を減らす”

そして一番の「収納」上手は”物を減らす”ということです。
物があるから「収納」を考える必要があり、その分余計なコストがかかります。

物を減らすメリット
  • 物を購入する費用を抑えられる
  • 「収納」を少なくすることができる
  • 「収納」になるはずだった空間を有効活用

一石三鳥の効果が見込めるのです。

福井人
福井人

生活に必要な最低限の物だけで暮らすミニマリストのような生活を目指せ!とは言いません。

不要なものを整理するだけで十分です。

収納」計画を行う前にまずは自分の身の回りの物を整理整頓するところから始めた方が良いです。
本当に必要なものが分かり、「収納」に対する考えも間取りへと反映されます。

まとめ:賢い収納設計について

今回の記事では後悔しない家づくりをするためには「収納」についても考えることが重要だと説明しました。

まとめ
  • 「収納」を上手く行うためには、まず”物の性質をよく理解する”ことが重要
  • 生活動線に合わせた「収納」を作ることが、満足いく「収納」を作るコツ
  • 物を減らすことが一番の「収納術」

家の「収納」は実感しているより広い面積を使用しています。
コストに換算すると約500万円です。

収納率」を気にして12~15%の「収納」を作ることも重要です。

しかし、身の回りの不要なものをCUTして、リビングなどを広くするという方法もあるということをお伝えしておきますね。

後悔しない家づくりの基本は

生活するイメージをできるだけ具体的に持つこと

だと以前の記事で書きました。

イメージを具体的に持つことで「収納」に対する考えも最初とは変わってくるはずです。

皆さんが後悔しない家づくりを行えることを願っています。

理想的な家づくりをするために

理想的な家を建てるためには、【収納】などの細かい部分も含めて間取りを作成することです。
しかし、実際はそういった細かい部分を気にしているほど時間がないのが現実です。

そんな忙しい方のために理想的なサービスがあります。

それが【タウンライフ家づくり】です。

もしかしたら、知らずに損しているかもしれないですよ。

タウンライフ家づくり】はセキスイハイムやタマホームなどの大手ハウスメーカを含む全国600社以上のハウスメーカーがあなたにぴったりの間取りプランを無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフ家づくり】の特徴はこちら⇩です。

  • 全国600社以上のハウスメーカーから選べる
  • 無料でわずか3分でネットで申し込みができる
  • 見積もりを他社に見せることで大幅な値引きを狙える
  • 間取り図や土地情報が手に入る

こんな感じの簡単なアンケートに答えるだけで無料で間取り作成してもらえます。

福井人
福井人

アンケートの回答は3分で終わりますよ。

あなたが回答したアンケートにそった間取りを様々なハウスメーカーが提案してくれます。

やはりいいサービスは多くの人に利用してもらいたいですね。

皆さんが理想的な家づくりができることを願っています。

タウンライフ家づくり ホームページ ➤

コメント

  1. […] […]

管理人プロフィール

福井人

はじめまして!福井で産まれて25年が経ちました【福井人】です。

会社員2年目ですが、連日Twitterで流れてくる「ブログでいくら稼いだ」のツイートを見て、一念発起してWordpressでブログを開設!

生活をちょっとだけ豊かにする「面白い」記事を積み上げていきます。

先日、付き合っている彼女と婚約して、現在結婚式の準備や新居の打ち合わせなどを進めています。
一条工務店のi-smartシリーズで家を建てる予定。
打ち合わせ内容や家のことについて発信中。

福井人をフォローする
タイトルとURLをコピーしました