【見積にはダマされるな!!】結婚式にかかる費用について

スポンサーリンク
雑談
【見積にはダマされるな!!】結婚式にかかる費用について

結婚式には大体どのくらい費用がかかるの?

このような疑問について自分の経験を基に徹底的にお話しします。

実は私自身、現在結婚式の準備中で、結婚式は結構お金がかかると痛感しています。
同じような疑問を持つ方は沢山いると思い、今回の記事を書こうと思いました。

インターネットで調査すると、結婚式の平均的な相場は300万円~350万円
どのような部分にどの程度のお金がかかるのか、どこを削れば結婚式の費用を抑えることができるのかについて紹介します。

今回の記事を読み終えると、自分の結婚式にどのくらいお金がかかるのかイメージができます。

記事の内容

結婚式にかかる費用について
・平均的な相場について
・具体的な見積について

結婚式の費用を抑えるためには?

スポンサーリンク

結婚式にかかる費用について

結婚式の平均的な相場について

結婚式の平均的な相場について

結婚式の相場は300~350万円と書きましたが、これは平均値であり呼ぶ人数や規模によって大幅に変化します。

規模支払金額自己負担額
31~40人200万円100万円
41~50人250万円130万円
51~60人300万円150万円
61~70人350万円165万円
71~80人400万円180万円

結婚式の内容や披露宴のスタイルによって金額は変化しますが、大体こんな感じになります。
披露宴の演出を盛大にしたり料理を豪華にしたり、会場にこだわると相場よりも高額になります。

結婚式の平均的な相場は300~350万円と言われていますが、全額を自分達で負担しているわけではありません。
最終の支払金額からご祝儀分を引いた金額が自分達が最終的に負担する金額です。

結婚式の自己負担額について

ゲストを51~60人招待するとご祝儀が150万円くらいですので、最終金額の300万円から150万円引いた150万円が自己負担金です。

結婚式の具体的な見積について

結婚式の具体的な見積について
福井人
福井人

私【福井人】は福井のとある結婚式場で結婚披露宴を行う予定です。

その時に作成してもらった見積を参考に、結婚式にかかる費用について紹介します。

私達の具体的な見積から結婚式にはどの程度の費用がかかるのかについて見ていきます。
招待するゲストの人数を60人で見積を作成してもらいました。

結婚式費用は9つの内容に分けることができます。

  • 会場使用料・・・50万円
  • 料理費用(飲料含)・・・104万円
  • 演出費用・・・15万円
  • 写真・映像費用・・・36万円
  • 衣装・美容費用・・・36万円
  • 引出物費用・・・30万円
  • 装花費用・・・15万円
  • ペーパーアイテム費用・・・5万円
  • サービス料・・・14万円

合計305万円です。
ここから値引きがあり、250万円になりました。

実はこの見積もりと値引きにはいくつかのトラップが含まれています。
打ち合わせを重ねていくうちに発覚した見積の抜け道について紹介します。

【ハマること無かれ!】見積もりのトラップ

【ハマること無かれ!】見積もりのトラップ

結婚式の見積は最低限の基準で作成されます。
「こんなに素晴らしい結婚式だけど、こんなに安くできるんですよ!」とウェディングプランナーが営業トークを仕掛けてきます。

結婚で浮かれ気分の皆さんはここでトラップにハマります。
トラップにはいくつかの種類があるのですが、大きく3つあります。

  1. 演出関係のトラップ
  2. 衣装関係のトラップ
  3. 写真映像関係のトラップ

1つずつ説明していきます。
皆さんはこのトラップにハマらないように気を付けてくださいね。

①演出関係のトラップ

①演出関係のトラップ

見積に含まれている演出費用の15万円は【司会、テーブルコーディネート】のみの最低限。

例えば、風船を飛ばしたいと思ったら一つ500円くらいかかります。
他にも、披露宴で何かしらの演出を行う場合は最低でも3万円~かかります。

演出をいれないわけにはいかないと思うので、気付けば演出費用だけで数十万円ということになります。

②衣装関係のトラップ

②衣装関係のトラップ

見積に含まれている衣装・美容費用の36万円は正直有り得ません。

結婚式場と提携している衣裳店・美容室を紹介されてそちらと打ち合わせを進めていく形になります。

結婚式+披露宴で最低でも2着は着ると思います。
最低でもドレスとタキシード合わせて50万円はかかることを覚悟しておいてください。

ちなみに我が家は2人合わせて75万円になりました。

③写真映像関係のトラップ

③写真映像関係のトラップ

見積に含まれている写真・映像費用36万円は参考値として捉えるのがベスト。

写真・映像関係についても衣装・美容関係同様に結婚式場と提携している業者が対応することがあります。
提携業者は費用が高額になる可能性があります。

外部のカメラマンを持ち込みすることもできますが、多くの結婚式場は提携している業者以外のカメラマンの持込を禁止していることがあるのでこの辺にも注意。

事前にカメラマンの持込が可能かどうか、写真・映像関係にどの程度費用が掛かるのか聞いておく方がベター。

結婚式の費用を抑えるためには?

結婚式の費用を抑えるためには?
  • 結婚式場紹介所を利用する
  • 演出や映像関係、衣装などにかかる費用の見積を行う
  • 自分でできることは自分でやる

結婚式場紹介所を通して結婚式場へ見学に行くことで大きい特典がもらえることがある。
結婚指輪や新婚旅行にも使える特典が貰えることがあります。

紹介所を利用することで数十万円はお得に結婚式を行うことができます。

結婚式をすることが決定したら、まずは自分達がどのような結婚式を行いたいのかを具体的に決めることが大切。
そうすることでよりリアルな見積を作成してもらうことができます。

特に衣装や演出、映像関係は高額ですので、事前に決めておくほど初期の見積と最後の支払額が大きく異なることがなくなります。

2人の意見をしっかりと盛り込んだ最高の式を考えてみてくださいね。
間違えても真っ先に結婚式場へ行くことは避けてくださいね。

最後のポイント【自分でできることは自分でやる】が一番重要です。
結婚式は自分達で作り上げるものです。

結婚式に使用するペーパーアイテムやムービーなどを自作することによって、結婚式前の2人のモチベーションを高めることができます。

最近では招待状や席次表などを自作する人が増えているので特にオススメ。
ゲストの人数分負担は増えますが、作成後の達成感は素晴らしいものがあります。

福井人
福井人

私はムービーを自作する予定です。
ムービーは5万円とかするので、それだけでも費用がグッと浮きますね。

ここでお互いに衝突することがあると思いますが、結婚式が終わればそれも笑い話です。

【まとめ】結婚式の費用について

【まとめ】結婚式の費用について

ここまで結婚式の費用について、自分の経験を基に説明してきました。

結婚式の費用の平均的な相場は300~350万円と、結婚式の費用は想像よりも高額です。
1日にかかる総額でいったら人生の中では結婚式が一番高額といえるかも知れません。

しかし、その分思い出深い物になることは間違いありません。

費用も重要ですが、それ以上に自分がどのような結婚式にしたいのか、そのためには何が必要なのかを考えることの方がよっぽど大切です。

皆さんの結婚式が素敵なものになることを祈っています。

コメント

管理人プロフィール

福井人

はじめまして!福井で産まれて25年が経ちました【福井人】です。

会社員2年目ですが、連日Twitterで流れてくる「ブログでいくら稼いだ」のツイートを見て、一念発起してWordpressでブログを開設!

生活をちょっとだけ豊かにする「面白い」記事を積み上げていきます。

先日、付き合っている彼女と婚約して、現在結婚式の準備や新居の打ち合わせなどを進めています。
一条工務店のi-smartシリーズで家を建てる予定。
打ち合わせ内容や家のことについて発信中。

福井人をフォローする
タイトルとURLをコピーしました