【2020年本屋大賞】「流浪の月」のあらすじ・レビューの紹介

スポンサーリンク
雑談
【2020年本屋大賞】「流浪の月」のあらすじ・レビューの紹介

「この人と一緒でなければダメ」

そう思える人はあなたの近くにいますか?

2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうさんの【流浪の月】。
凪良ゆうさんの本を読むのは今回が初めてです。

本屋大賞というと2018年に大賞を受賞した【かがみの孤城】も読みました。

凪良ゆうさんの【流浪の月】は「次はどうなるの?」と展開が気になってページをめくる手が止まらなくなる小説でした。
また、読み終わった後に無性にアイスクリームが食べたくなる作品でした。

凪良ゆうさんの描く登場人物の心情表現が絶妙で、心がぎゅっと苦しくなる部分があり、登場人物と今の自分が重なる人は心の奥深くに刺さって涙が止まらなくなる小説だと感じます。

記事の内容

【流浪の月】のあらすじ

【流浪の月】を読んだ感想


流浪の月

スポンサーリンク

【流浪の月】のあらすじ

【流浪の月】のあらすじ

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。

わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。

それでも文、わたしはあなたのそばにいたいー。

再開すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。

新しい人間関係への旅立ちを描き、実力小説家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

引用:流浪の月

事の発端は少女誘拐事件

主人公は誘拐事件被害女児の家内更紗(かないさらさ)。
誘拐犯の大学生の佐伯文(さえきふみ)。

周囲からやばいくらいにマイペースと揶揄されるほどの母親とその母親を愛する父親の一見変わった家庭で育った更紗。
父親の死と母親の失踪を機に居場所がなくなった更紗は親戚に預けられます。

更紗が9歳のときの出来事です。

世間体を特に気にする親戚の家。
親戚の家に預けられたことが更紗の人生の中での地獄の始まりでした。

夜中に部屋のドアノブがガチャリと開く音。
従兄に弄ばれる身体。

親戚の家で居場所が無い更紗が唯一落ち着ける場所が近所の公園。

ある日、近所の公園で更紗より10歳年上の大学生、佐伯文と出会います。
更紗が安息の地を求めるのに時間はかかりませんでした。

育児書に縛られた母親によって、これまで「正しい生き方」を進んできた文。
これまで正反対の生活を送ってきた更紗と文の2人。

自由人で奔放な性格の更紗によって少しずつ「正しい生き方」の外に踏み出し始める文。

更紗は再度訪れた幸せな日々に安堵します。
一緒に映画を見たり、アイスクリームを食べたり、自由な生活に戻り始めます。

2人の間に性的な関係はなく、まるで友達同士が一緒に暮らすかのような時間が流れます。

しかし、そんな幸せは長くは続きません。
更紗の捜索願が出され、警察が誘拐事件として捜査を始めます。

ある日、動物園に出かけたことをきっかけに周囲の人にばれ、文は警察に逮捕され当然のように更紗と文は離れ離れに。

親戚の家にも居場所がなくなった更紗は施設で過ごすことになり、成長し社会へ出ます。
しかし、「誘拐事件の被害女児」として世間からレッテルを貼られたまま息を潜める様に生きる更紗。

そしてそんな鬱屈した日々を送っていた更紗はある日同僚に連れていかれた「calico」というカフェで文と再会する事になります。
誘拐事件の被害女児とその誘拐した犯人」という許されない関係。

文と再開した時更紗には亮という恋人がいて、ありふれた幸せがそこにはありました。
しかし、亮も家庭環境に問題を抱えていて。

更紗と文、亮、周囲の人間を乗せたコースターが疾走を始めます。
更紗と文の絶対に周囲には理解されない、してくれない関係。

それでも文、わたしはあなたのそばにいたい

【流浪の月】のレビュー

【流浪の月】のレビュー

更紗と文の2人がどのような結末を迎えるのか、恋人である亮との関係、文の抱える問題、それらの展開が気になってページをめくる手が止まりませんでした。

衝撃的なオチ】や【感動するような展開】はこの小説にはありません。
ただ、どこにでもありそうで、誰しもが抱えている悩みだったりを小説にした、【流浪の月】はそんな小説です。

だからこそ心にすっと入ってきて、重しのようにゆっくりと心を重くしていきます。

2人の関係は「恋だとか愛だとかいう形容できるものではなくて、お互いがお互いをこの人でなければダメと思っていることまるで【聖域】のように触れてはいけない場所にある」。
そういう関係がこの小説の最大の特徴であり、最大の共感ポイントです。

作中でこんなフレーズが出てきます。

どんな痛みもいつかは誰かと分け合えるなんて嘘だと思う。

わたしの手にも、みんなの手にも、ひとつのバッグがある。

それは誰にも代わりに持ってもらえない。

一生自分が抱えて歩くバッグの中に、文のそれは入っている。

わたしのバッグにも入っている。

中身はそれぞれちがうけど、けっして捨てられないのだ。

引用:流浪の月

世間的には許されない関係の更紗と文。
世間が思っている文の姿(女児誘拐事件のロリコン犯人)と更紗の知っている文の姿(居場所がなくて死にたいと思っていた自分を救い出してくれた人)の違い。

世間からの偏見や二人の関係を知ったかのように語る周囲の人間。
様々な苦悩が2人を襲います。

文が警察に逮捕される瞬間を誰しもが持っている携帯電話によって撮影され、インターネットを通じて簡単に世界中に発信されます。
自分が知らない人が自分を知っている恐怖。

どこに行っても更紗と文を「誘拐事件の被害女児と犯人」という鎖で縛ります。

デジタルタトゥー」という刻印が二人を苦しめるのですが、その様子に心が痛くなります。
SNSやインターネットで様々な情報を見ることができる時代。

その情報が正しいか間違っているか取捨選択するのは見ている自分自身で、その向こうにいる当事者の人達には選択の余地がない、というのは現代のSNS事情でもいえることです。
それで勝手に分かったつもりの人達から届く心無い言葉。

そういった現代を皮肉ったような描写には胸がギュッと苦しくなります。

「文はそんな人じゃない!」という更紗の声も「可哀想な被害者の声」「洗脳によって変えられた歪んだ感情表現」と、より更紗の立場を窮屈なものにさせてしまいます。
表だって文の正当性を語ろうとするたびに現れる世間からの憐みの目。

この作品の本当の辛さはそういった「言っても通じない」、「誰も分かってくれない」、「勝手に自己解釈して更紗という一人の女性を可哀想と思う世間の目」にあります。

凪良ゆうさんの巧みな心理描写に終始胸を締め付けられます。
今の自分と重ね合わせたりして、心にぽっかりと穴が開いたりして、

翌日には塞がっている心の穴に自分な悩みの浅はかさを感じたりして。

読んだ後はすっきりとは言えないけど、それでも少し明るい気持ちになれる、形容しがたい気持ちになりますが、ただ目の前にある日々を幸せに生きていこうと前を向ける小説でした。

【流浪の月】を読んだ他の人の感想

【流浪の月】を読んだ他の人の感想

私以外の人が【流浪の月】を読んでどう感じたのか個人的に気になったのでピックアップして紹介します。

✔Twitter

✔Amazon

あらすじを読んでもよく分からなかったという人にこそ、出来れば詳しい内容は見ずに真っさらな状態で、一人でゆっくりと時間が取れる時に読んでほしい。

世の中の「普通」とは一体何なのか、そして彼らの関係性を正しく表す言葉が私には見つからない。
愛や恋ではない。
世間から理解されなくても、普通じゃなくても良い。ただ2人で生きて行くだけ。
読み手によって感想が異なる作品だと思う。
読後に彼らへ共感や理解が出来なくても、好きでも嫌いでも、確実に何かあなたの中に残るはず。
今年1番の作品となりました。

この本に救われる人は、絶対に大勢いるはず。
こんな人生のパートナーに出会えれば、お金も地位も他人からの理解すらも必要なくなり、幸せになれる。
けど、それはそれで過酷な人生。

「これ以上なく切実に必要としていても、わたしはキスをしたいとも思わないし、ましてや寝たくなど絶対にない。ただ一緒にいたいだけだ。」

なんでこんな関係が成り立つのかは、読んでからのお楽しみ
世間的には絶対に認められないし、
理解もされない、
けど、2人の幸せを願わずにはいられない。

文章の運びも構成も非常に読みやすく、
ワクワク感、ドキドキ感、読了後のスッキリ感、夜食べるアイスクリームのように、どれも味わえて、お薦めです。

【流浪の月】のまとめ

【流浪の月】のまとめ

流浪の月】はぜひいろんな人に読んでほしい作品です。

  • 大切な人がいる人
  • 自分の居場所を探している人
  • 濃密な読書体験をしたい人
  • 許されない関係におぼれている人

きっとこの作品は読む人の状況や環境によって、全く違う感想を抱く小説です。
でも、読んだ後には誰しもが前を向いて歩いて行ける、そんな作品だと思います。

すこしでも興味がある人はお手に取ってみてください。


流浪の月

コメント

管理人プロフィール

福井人

はじめまして!福井で産まれて25年が経ちました【福井人】です。

会社員2年目ですが、連日Twitterで流れてくる「ブログでいくら稼いだ」のツイートを見て、一念発起してWordpressでブログを開設!

生活をちょっとだけ豊かにする「面白い」記事を積み上げていきます。

先日、付き合っている彼女と婚約して、現在結婚式の準備や新居の打ち合わせなどを進めています。
一条工務店のi-smartシリーズで家を建てる予定。
打ち合わせ内容や家のことについて発信中。

福井人をフォローする
タイトルとURLをコピーしました