【2人プレイ】恋人や子どもと気軽に楽しめるボードゲーム「ガイスター」を紹介・レビュー

スポンサーリンク
雑談

今回ご紹介するゲームは【ガイスター】と呼ばれる2人専用のゲームです。

1982年にドイツ年間ゲーム大賞に選ばれ、これまで長い期間多くの人に遊ばれている名作です。

恋人やお子さんと気軽にサクッと楽しめるゲームです。

オバケのコマを使って、お互いのオバケのコマを取り合う将棋やチェスのようなゲームで、心理戦や駆け引きが楽しめます。

福井人
福井人

将棋やチェスみたいというと難しいイメージですが、実際はすごくシンプルなルールで、短い時間でサクッとプレイできるボードゲームです。

記事の内容

【ガイスター】のゲームルールの紹介と実際に遊んでみた感想について

スポンサーリンク

ガイスター:ゲーム内容

ゲーム名:ガイスター

プレイ人数:2人

プレイ時間:10~20分

対象年齢:8歳以上

ゲームジャンル:心理戦・駆け引き

オバケのコマを使って戦います。

オバケには良いオバケと悪いオバケがいて、相手からはどれが良いオバケなのか悪いオバケなのか分かりません。

相手の良いオバケを全て捕まえれば勝ちですが、悪いオバケを全て捕まえると自分の負けです。

相手のオバケの動きや相手の性格からオバケの正体を推理し、捕まえます。

果たして、あなたは相手のオバケの正体を見破れるかな?

ガイスター:ゲームルール

ゲームの準備
  • ゲームボードとオバケコマを準備する
  • オバケコマを任意の場所へ配置する

オバケコマにはそれぞれ悪いオバケと良いオバケがいる

各プレイヤーは良いオバケコマ4個と悪いオバケコマ4個を受け取り、相手プレイヤーにオバケの正体が分からないようにゲームボード上に自由にオバケコマを配置します。

福井人
福井人

ゲームの準備はたったこれだけ。

慣れれば1分もかからずに準備が行えますよ。

ゲームの進め方
  1. 自分のオバケコマを1つ選び、前後または左右のマスに1マス分移動させる
  2. 相手のターンへ
  3. 1と2を繰り返して、勝利条件を満たしたプレイヤーが発生した時点でゲーム終了

注意点

オバケコマは斜めのマスへ移動することはできない

自分のオバケコマがいるマスへは移動できない

もし、相手のオバケコマにいるマスへ移動した場合、そのオバケを捕まえたことになり、ゲームボードから取り除く

このときに捕まえたオバケの種類を確認することができる

自分の手番でできることはのオバケコマを1つ選び、1マス動かすことだけです。

福井人
福井人

ゲームの進め方自体はとてもシンプルですので、小学生のお子さんとも楽しめますよ。

この時斜めに動くことや自分のオバケコマがあるマスへ移動することはできません。

また、動いた先に相手のオバケコマがある場合は、相手のオバケコマをボード上から取り除き確認します。

これをどちらかが勝利条件を満たすまで繰り返します。

3つの勝利条件について

勝利条件
  1. 相手の良いオバケコマを4個全て捕まえる
  2. 自分の悪いオバケコマを4個全て相手に取らせる
  3. 自分の良いオバケコマを1個ゲームボードの外に出す

条件③はゲームボード上の相手側の最終列にある矢印のマスからしかオバケコマは出すことができない

矢印のマスに入っただけでは終了にならず、悪いオバケコマはここからゲームボードの外に出すことはできない

勝利条件には3パターンあります。

いずれかの勝利条件を満たしたプレイヤーが発生した時点でゲーム終了です。

勝利条件① 相手の良いオバケコマを4個全て捕まえる

1つ目の勝利条件が「相手の良いオバケコマを4個捕まえること」です。

福井人
福井人

攻めてくるオバケコマが良いオバケなのか、悪いオバケなのか相手の性格を読んでプレイしましょう。

逆に自分の良いオバケコマを相手に4個取られると負けるので、どのようにして攻めるか非常に迷います。

勝利条件② 自分の悪いオバケコマを4個全て相手に取らせる

2つ目の勝利条件が「自分の悪いオバケコマを4個相手に取らせること」です。

福井人
福井人

相手が取ってくれそうな位置に悪いオバケコマを動かして、実際に相手が自分の戦略に見事はまったときは快感ですよ。

勝利条件③ 自分の良いオバケコマを1個ゲームボードの外に出す

3つ目の勝利条件が「自分の良いオバケコマを1個ゲームボードの外に出すこと」です。

しかし、相手側の最終列にある矢印部分からしか良いオバケコマをゲームボードから出すことはできません。

良いオバケコマが矢印のマスに入っただけでは終了にならず、必ずそこから1マス移動してゲームボードの外に出してやらなければなりません。

また、悪いオバケコマは仮に矢印マスまでたどり着いても、ゲームボードから出すことはできません。

福井人
福井人

本当に出したいコマは良いオバケコマですが分かりやすく攻めると相手に取られるし、逆に悪いオバケコマで攻めるとゲームボードから出せなくなって、相手に悪いオバケコマだとバレるし…

この二律背反に苦しみながら、相手に勝利する必要があります。

感想:ガイスターを遊んでみて

ゲームの構造自体はとてもシンプルですが、相手との心理戦や駆け引きがあり、相手の性格を知っていれば知っているほど楽しめるゲームです。

相手の表情を伺って、良いオバケなのか、悪いオバケなのかを考える。

この心理戦における緊迫感は、相手と向かい合って行うアナログゲームでしか感じることができません。

勝利条件が3つあることによって、そのときに応じて臨機応変に勝ち方を変えていけるところもこのゲームの醍醐味です。

最初は良いオバケコマで相手の陣地の脱出口を狙いつつ、悪いオバケコマで攻めて相手に取らせるのも面白いですし、遊ぶごとに様々な戦略が生まれます。

プレイ時間も1ゲーム10分程度で終わるので、ちょっとした空き時間に恋人やお子さんと気軽に遊ぶこともできます。

皆さんの人生にちょっとしたボードゲームを添えられることを願い、今回の記事を終了します。

心理戦を味わうことができるボードゲームには他にも「犯人は踊る」がありますよ。

コメント

  1. […] ガイスター […]

管理人プロフィール

福井人

はじめまして!福井で産まれて25年が経ちました【福井人】です。

会社員2年目ですが、連日Twitterで流れてくる「ブログでいくら稼いだ」のツイートを見て、一念発起してWordpressでブログを開設!

生活をちょっとだけ豊かにする「面白い」記事を積み上げていきます。

先日、付き合っている彼女と婚約して、現在結婚式の準備や新居の打ち合わせなどを進めています。
一条工務店のi-smartシリーズで家を建てる予定。
打ち合わせ内容や家のことについて発信中。

福井人をフォローする
タイトルとURLをコピーしました